教育紀行

御三家・東大卒が考える本質的教育と中学受験

歴史の流れを知って、知識・記述問題対策しよう〜徳川幕府から新政府へ 1(幕藩体制の実態)〜

新政府の方針に当初から猛烈に反対していたのは、西郷隆盛や大久保利通にとって「かつての主人であった」島津久光でした。

算数の計算問題でうまく行かなかったときは〜算数の合格への道〜

少し計算を見直したら、まずは「他の問題に向かって」みましょう。

社会の知識チェック問題 8〜明治初期の実業家〜

明治初期の実業家達が近代国家の経済面の骨格を作り、日本が強国となり日清・日露の戦いで勝利を収めるのです。

直前に受験した経験を活かそう!〜受験突破の道〜

前回は「試験直前の効果的過ごし方〜精神統一しよう〜」でした。 今回は前日などの「直前に受験した経験を活かす」話です。 各科目で「あの問題は大丈夫だったかな」などは悩まないようにしましょう。 「大丈夫だったと思う!」と気持ちは、常に前向きでいき…

試験直前の効果的過ごし方〜精神統一しよう〜

「自分がキッチリ出来れば大丈夫なはず!」と考えましょう。

試験開始後はフルパワーでいこう!〜持てる力を存分に発揮して合格しよう〜

試験開始早々から「持てる力をフルパワー・十二分に発揮しよう!」と心がけて、本領発揮しましょう。

受験本番へ向けて〜最後まで希望を持っていこう!〜

まずは自分が「合格する!」と信じて、合格へ向かいましょう!

記述式では自分の意見をハッキリ書こう!〜記述式のある志望校受験生へ〜

「様々な答えが考えられる」タイプの記述式試験は「思ったことを遠慮なく、むしろハッキリと主張して」書きましょう。

算数は「自分が解ける問題」を絶対に得点しましょう!

当日全力を出して、算数で自分が解ける問題を「絶対に得点する」気持ちで試験に臨みましょう。

日本の旧国名を楽しく覚えよう!4〜京・山城の強い影響〜

地図から見ても「京・山城が日本の中心・重心」であることは合理的ですね。

中学受験前の小学校登校は、お子様の素直な気持ちを聞いてみましょう〜体調万全にしよう!〜

登校に関してはお子様の素直な気持ちを聞いて、親御様がご判断されるのが最も良いと思います。

お子様の体調と精神面を第一に〜埼玉の志願者増加から〜

直前期から試験当日まで「自分のこと・学力のアップ・全力出し切る」ように集中して、合格を勝ち取りましょう。