MENU

受験経験した親の子供への接し方 1|中学受験

前回は「30年前に中学入試した親と『今の中学入試』  2」の話でした。

受験に合格するには、「学力を高くする」ことが最優先になりますが、最も大事なことは「合格への強い思いを抱き続ける」ことだと思います。

高いテンションを保ち続けて、試験当日を迎えるのが最も望ましいです。

それは結構難しいことです。

小学生といえども、6年生にもなれば男の子も女の子も、それぞれ自我があって「なんで勉強しなければならないんだろう」と考えるのが普通でしょう。

成績優秀だったら、テストがゲームみたいで楽しく感じられるかもしれません。

でも、テストの成績が良くないと、誰しも「嫌になってしまう」ことがあります。

僕も成績が良くなかった時は、「もう嫌!」と思った記憶があります。

ファミコンもできず(今とは時代が違いますが)、友達と遊ぶことも少なくなります。

帰宅したら勉強ばかりで、多くのお子様が週に1日〜3日程度、塾へ向かいます。

塾も友達ができると楽しいのですが、6年生の後半になるとだんだんストレスも多くなってきます。

出来るだけ「やる気」を持続させるためには、お子様自身が「僕の行きたい志望校に行きたいから、勉強するんだ!」と思えるようになるのが一番でしょう。

ただ「テストの点数を上げる」や「偏差値を上げる」が目標となってしまうと、うまくゆけば良いのですが、うまくいかない時にテンションが一気に下がってしまいます。

「お子様自身が志望校を決める」「親がある程度選んで、最後は本人に決めてもらう」のが良いように思います。

「僕(私)が選んだ学校に行きたい!」と主体性持って、テンションがキープされるのが最も望ましいです。

お子様が志望校を選んだら、「どうしてこの学校なの?」と聞いてみましょう。

本人が好きであれば理由はなんでも良いと思います。

子供は子供なりに、塾で成績をつけられて、小学校でも苦労していることがあったりする場合があります。

自身が「中学受験をした」親は、出来るだけ良い面を見てあげて、励ましてあげましょう。

「僕の時は・・・・・」とお話しするのも良いですが、ネガティブな内容は伝えずに、ポジティブになれることを伝えてあげましょう。

模試の成績や合格判定に一喜一憂せずに、「良いところ、できたところ」を褒めてあげましょう。

そして、自信を持ってもらうようにしましょう。

「自信」は根拠があった方が良いのですが、根拠がなくても「僕(私)ならできる!」と思うことは大事です。

目次
閉じる