MENU

直前期はチャンスを逃さず、しっかりつかもう!〜合格へ大きく近づこう!〜|中学受験

前回は「自分の学力を信じよう〜今ある力を信じて、さらに学力高めよう〜」でした。

直前期、過去問等の穴埋め問題などに取り組んでいて、知らなかった項目が出てきた時。

そういう時は「チャンスだ!」と思って、問題文をよく学びながら暗記を増強する話をしました。

暗記に限らず、出来ない問題があったら「チャンスだ!」と思いましょう。

その解法・考え方を学んだり、暗記項目でしたら暗記しましょう。

f:id:Yoshitaka77:20211203135122j:plain

天才とは
1%のひらめきと
99%の汗である

f:id:Yoshitaka77:20211229065621j:plain
Thomas Edison(Wikipedia)

エジソンは次のような言葉も残しています。

多くの人は、チャンスを見逃してしまう。
なぜなら、チャンスはオーバーオールをきており、
大変そうに見えるからだ。

「ちょっと大変」と思ったことが後になったら「あの時、あのチャンスをつかんでいれば」と、後悔することがあります。

これは大人の世界でも、多くあることです。

テストは「当日できれば良い」のです。

「当日に、良く出来ることが最も望ましい」ことです。

出来なかった時は、「当日出来るようになるために出会ったチャンス!」と思って、前向きに学んでみましょう。

ひょっとしたら、その問題に似た問題が当日出るかもしれません。

出来ない問題も「学力をグッとあげるチャンス」と考えてみれば、合格への道がよりハッキリと見えてくるでしょう。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる