MENU

「偏差値」と低学年の教育 1|中学受験と本質的教育

以前「『偏差値』に対する考え方 2〜偏差値よりもお子様の適性を優先しましょう〜」の話をしました。

偏差値とは「一つの参考程度の数値」という話でした。

気になる記事がありました。

入塾試験で上位に入る子たちが「低学年の時に何をやっているか」です。

これは、低学年のお子様を持つ親御様なら気になることだと思います。

詳しくは記事をご覧いただきたいのですが、「入塾は新小学校4年からで十分です」と書かれているのをみて、「そうか・・・・・受験界はそういう状況なんだ」とも思いました。

友人のお子様が中学受験をしているのを聞いて、10年ほど前から「塾の低年齢化」が進んでいる話を聞いていました。

しかし「新4年生から十分」ということは、「もっと前から塾に行っている人が多い」ということになります。

僕が中学受験した頃は、4年生から塾に行っていると「早いなあ」という感じでした。

僕は4年生の12月から四谷大塚の日曜教室に行ってました。

「行ってました」というよりは「行かされていた」の方が正確で、「行きたくないけど行っていた」のです。

そして、新小学校6年生の5年生の2月から、当時武蔵中学の合格実績抜群だった学習指導会の「武蔵特訓」(武蔵に特化したコースでこういう名前だったと記憶します)に行き始めました。

「武蔵特訓」は学習指導会の塾長(当時)が自ら指導していて、とても楽しくて有意義でした。

塾長自身、武蔵中高・東大理学部を出ていて、大変頭が良く、武蔵をよく知っているので、非常に的確な授業でした。

僕が中学受験したのは、もう30年前ちょっと前ですから、今とはだいぶ状況が異なると思います。

当時でも塾に行くのがちょっと遅かったので、武蔵志望の子達との「レベルの違い」に唖然として、一生懸命奮起したのが懐かしい。

武蔵に合格するかは「微妙な成績」の僕でしたが、武蔵の記念祭(文化祭)に5年生の時に行って、その自由な雰囲気や頭の良さそうな人が沢山いて、憧れを持っていたのでした。

「高い学力がなければ」とか「偏差値上げなければ」というのは、一つの事実ではあります。

まずは勉強への幅広い興味と、学ぶ姿勢を身につけるのが最も良いと思います。

そして、志望校へ「進学したい」という熱い気持ちを持ちながら、長い受験勉強を続けてゆきましょう。

目次
閉じる