「よく出来ているね!」と褒める〜合格への姿勢と勉強法〜1|中学受験

前回は「小学校での中学受験生〜過ごし方〜 3」の話でした。

親御様はお子様がなにか上手くいかないときに「頑張れ!」と言っていませんか。

「頑張れ!」は便利な言葉で、お子様には言いすぎない方が良いように思います。

お子様が「明らかに手を抜いている」や「明らかに頑張ってない」ならば「もう少し頑張って!」というのは良いでしょう。

実は、大抵のお子様は「すでに頑張っている」のです。

頑張っているのに・・・・・
これ以上、どうやって頑張れば良いのだろう・・・・

頑張って頑張って、底力を出すことはあるでしょう。

「すでに頑張っている」人にとっては、「頑張れ!」と言われることは結構苦痛に感じることかと思います。

これは大人の世界でもあることだと思います。

f:id:Yoshitaka77:20211028120015j:plain

「これ以上、何をどう頑張ればいいのか?」と悩んでしまうこともあるでしょう。

欧米に比べると、日本は「頑張ればなんとかなる!」みたいな精神論に傾きがちな国民性でもあります。

特に小さなお子様に対して、時には別の言い方のほうが良いかと思います。

よく出来ているね。

と言われるのは、大人でも嬉しいことです。

子供ならなおさら嬉しいと思います。

「頑張れ!」ばかりではなく、時には「よく出来ているね」と肯定してあげるようにしましょう。

お子様も元気になって適度な自己肯定感が育まれると思います。

テストでも勉強でも、良い面を見て

ここは、
よく出来ているね。

と肯定して励ましてあげましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次