MENU

身近ななぜ?から知的好奇心を刺激しよう|理科の教育

前回は「ちょっとした実験しよう!」でした。

天候にもよりますが、夜は暗くて、朝に少しずつ明るくなってゆきます。

昼は明るくて、少しずつ暗くなってゆき、夜は暗くなります。

これは「当たり前のこと」です。

この現象の理由は「太陽が出てくるから」です。

もう少し理科的に説明すると、太陽と地球の関係や自転、場合によっては公転の話も出てくるでしょう。

小学校低学年で、この現象は理解して小学校高学年になると、この現象の理由がなんとなくわかってきます。

そもそも、「なぜ、地球は太陽の周りを回っているのか?」などの問いになると、色々と難しくなってきます。

「なぜ明るくなったり、暗くなるのか?」をある程度理解できるようになったら、ぜひ一度「暗い」から「明るくなる」の状況を子供と一緒に体験してみましょう。

星空が綺麗な地域に一緒に旅行に行った時が良いかと思いますが、日常のマンションなどからの眺めでも良いでしょう。

明け方、まだ暗い時は星が見えるかもしれません。

そして、太陽が出てくる「日の出」の時間を迎え、少しずつ明るくなっていきます。

f:id:Yoshitaka77:20211004161405j:plain

富士山山頂から日の出をみた写真です。

こういうドラマチックな光景を見ることが出来たら、子供にとっても、そして大人にとっても一生大事にする経験です。

山登りをするのは子供にとっては、なかなか大変ですから、身近なところからでも見てみましょう。

理科の現象などの原理を理解・説明できることは、とても素晴らしいことです。

さらに実体験して、その原理を体験することはなお一層素晴らしいことです。

その体験は記憶に刻み込まれ、やがて大きな学びへと発展してゆきます。

何事も「実体験すること」が大事です。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる