成績・合格判定が「上がらない」ときの気持ち・受かる子〜得意科目・得意分野を意識・算数(数学)・理科・社会・国語への視線〜|中学受験・高校受験・大学受験

前回は「2024年受験に向けて 2〜2023年入試問題〜」の話でした。

目次

受験への姿勢:得意科目と不得意科目

算数・国語・理科・社会の四科目で行われることが多い中学受験。

受験校によっては、科目が少ない場合や他の科目がある場合があります。

「点数だけで志望者の学力を決定して良いのか」という議論は昔からあります。

そして、「点数以外の学力を測る」新たな試みも行われています。

いずれにしても、基本的に「点数を高める」必要がある受験。

理科が
苦手な意識がある・・・

社会は得意だけど、
算数がちょっと・・・

苦手科目がある方にとっては、「苦手科目の克服」は大事な視点です。

「苦手科目の克服」より「得意分野を伸ばす」を優先する勉強法もあるでしょう。

「どちらが良いか」もまた、その方次第で個性の一つだと思います。

「これが正しい」という考え方はないでしょう。

「満遍なく全科目ある程度できる」子どもよりも「得意・不得意科目がある」子どもの方が、将来伸びそうな気もします。

それは、「得意・不得意」によって、その子の個性やカラーがハッキリしているからです。

大抵の方は「苦手科目」がありますが、総合点を競う受験では、ある程度補強する必要があります。

得意科目ではなく、得意分野を見つけよう

何か好きな科目・得意な科目があると、とても良いです。

僕は、実験とかが
好きで、理科が好きで得意!

私は本を読むのが好きで、
国語が好きで得意!

「受験のために勉強する」姿勢は大事ですが、「好きだから勉強する」姿勢が最も好ましいです。

そこで、「好きで得意」な科目があれば、それは大事にして、得点源にしましょう。

理科が好きなんだけど、
暗記が多い社会がちょっと・・・

文章読んだり、書くのは得意だけど、
算数が苦手意識が強くて・・・

こういう方もいらっしゃると思います。

科目単位で「得意・不得意」を考えることが多いのが現実です。

ここで、僕がご提案したいのは「科目ではなく、分野で考える」考え方です。

あなたの「四天王」を意識する

科目・分野の四天王(新教育紀行)

例えば、

算数では、
整数問題が苦手だけど、図形は得意!

という方は、

図形なら
任せて!

という意識を強めましょう。

地理は苦手だけど、
歴史は得意!

という方は、

歴史なら
任せて!

という意識を強く持ちましょう。

そして、得意・不得意分野は誰しもありますが、

理科なら生物が
苦手だけど・・・

電気の問題は
好きだし得意!

国語の読解問題は
得意!

漢字は
もう少し練習しよう!

各分野で一つずつ「得意分野」を明確に意識してみましょう。

それらの分野が「あなたの四天王」となって支えてくれるでしょう。

もちろん、「得意分野が四つ以上」ある方は尚良いです。

早い段階で「とても得意な四分野=四天王」を明確に意識できると、勉強への意欲も湧くでしょう。

頼りになる「四天王」

「四天王」という語感は、かっこいいですね。

特に男の子にとっては、「四天王」というとなんだかワクワクします。

武田四天王:左上から時計回りに山県昌景、高坂昌信(春日虎綱)、内藤昌豊、馬場信春 (歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

強力な武田軍を支えた武田四天王。

武田信玄の卓越した能力が根幹にありますが、彼らのような補佐役なくして勢力拡張はありませんでした。

徳川四天王:左上から時計回りに酒井忠次、本多忠勝、井伊直政、榊原康政 (Wikipedia)

天下人となる徳川家を支え続けた徳川四天王。

もともと家臣団が豊富であった武田家と比較して、弱小勢力であった徳川家(松平家)。

徳川が世に出て行ったのは、当主・家康の抜群の能力と忍耐力がまず第一にありました。

そして、徳川四天王たちが実際の合戦・政略などで大活躍したのです。

「あなたの四天王」は、「あなただけの四天王」になるでしょう。

そして、その「四天王=得意分野」たちに当面活躍してもらい、自信に繋げてゆきましょう。

「あなたの四天王」は、学びが進むにつれて変化する可能性もあります。

図形問題が得意で
どんどん勉強したら・・・

ニュートン算も
すごく得意になった!

「あなたの四天王」は成長して、得意分野から得意科目になるかもしれません。

「苦手なこと」より「得意なこと」に注目して、学びを進めましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次