MENU

実際に一緒に行ってみよう! |本質的教育

前回は「『一緒にどこに行こうか?』と尋ねてみましょう!」でした。

子供たちは、親と一緒にどこに行きたいでしょうか。

遊園地?図書館?博物館でしょうか?

あるいは、近場の本屋さん、Tsutayaかもしれません。

子供は気分屋ですから、その時の気分で「あそこ行きたい!」となりますね。

そういう時は、親として出来るだけ付き合ってあげましょう。

これまで、子供と一緒に色々な博物館などに行きました。

科学博物館のような王道から、おもちゃ博物館、電車博物館など。

恐竜や電車の実物や模型があると、大抵の子供たちは喜んでくれます。

そうした経験の中で少しずつ興味をもって、自分が興味あることの本を読んだりするようにしたいです。

でも「言うは易く、行うは難し」でもあります。

親の方も休日は仕事で疲れていたり、場合によっては仕事をしなければならなかったりで、なかなか子供が満足いくように相手してあげるのは難しいです。

少しでもいいので、「実際にやってみる」「実際に行ってみる」のが良いと思います。

親は自分が30代になったり、40代になるにつれ、10代の頃に考えていたこと、やりたいと思っていたことが、意外と「やっていないことが多い」ことに気づくことが多いです。

それは誰でもあることだと思います。

安土城趾(新教育紀行)

例えば、歴史好き・戦国時代が好きなお父さん・お母さんがいらっしゃるでしょう。

僕も歴史大好きです。

上の写真は織田信長が築いた安土城址です。

信長が好きで、「安土城址へ行ってみたい」と思っても、なかなか実際に行くことはハードルが高いです。

海でも博物館でも、お子様と実際に行ってみましょう。

お子様のアクティブな精神を育み、自立精神が高まるでしょう。

目次
閉じる