「どこに行こうか?」と尋ねる大事さ〜育む主体性〜|子どもの学びと生活

前回は「身近な「なぜ?」を大事にして、子供の好奇心を育てよう」の話でした。

博物館でも美術館でも、あるいは遊園地でも公園でも「親が一方的に決める」のではなく、子供にも聞いてみましょう。

例えば選択肢を出してあげて、

どこに行きたい?

と聞いてみることは、考える力を養成し、子どもが主体性持って生きてゆく大いなる刺激になると思います。

家族みんなで「遠出する」時、あるいは近場の公園に行く時、

〜公園に行こう!

ではなく、

公園に一緒に行こう!
どこがいい?

と聞いてみましょう。

子どもなりにその時の気分や天候を考えて、木が多い公園であったり、遊具が充実している公園を選ぶでしょう。

A公園が良い!

と子どもが言ったら、出来るだけ、その公園に一緒に行ってあげましょう。

時にはちょっと遠すぎたり、難しい要因があるかもしれません。

そういう時は

今日は、
B公園でどうだい?

と子どもに相談してみましょう。

f:id:Yoshitaka77:20210929163400j:plain

子供はそういうやりとりが結構好きです。

「親が決める」のではなく、一緒に考えて一緒に決めてみませんか。

そういうやり取りするのは大人にとって、とても幸せなひと時です.

さらに子供のためになって、主体性を育むきっかけとなるならば、最も良いでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次