MENU

Wグループ中学志望のお子様へ 5|中学への算数5月号

前回は「Wグループ中学志望のお子様へ 4」の話でした。

今回は「中学への算数5月号」から、良い問題・考え方のご紹介です。

p3 レベルアップ演習(9)(13)

整数と図形の基本問題です。

しっかり自分で書いてみて理解しましょう。

解法が略解ですが、整数問題は解法読んで「そうかも。」ではなく、自分で書いてみて、きちんと「そうだね!」と確認して理解することが大事です。

p4 2:数

約数の基本的性質の問題です。

「約数の和」の考え方が紹介されており、「自分できちんと書き出してみながら」理解しましょう。

こういう問題の解法で「ああ、そうなんだ」で済ませてしまわずに、手で描いてみると「しっかり理解」できて「応用力が身に付く」ので大事です。

p5 4:図形・面積

図形の典型問題で、「やっとことあるよ」というお子様がいらっしゃるでしょう。

基本事項が網羅されているので、全てやってみましょう。

「覚えている性質」等があったら、「このことをきちんと説明できるかな?理解できているかな?」と考えてみましょう。

正方形や円など描いてみて「こことここが面積一緒で・・・・・」とか「ここがこうなって・・・」と「しっかりと理解」してゆきましょう。

解法に書いてあることを「本当?」と一度は疑ってみながら、自分で描いて、「あっ、本当だ」と理解しましょう。

手を動かして理解してことは忘れないので、しっかり考え方が身に付きます。

p5 5:図形・面積

典型的な考え方の問題です。

しっかりと描いて理解しましょう。

p6 7:つるかめ算

つるかめ算の応用問題です。

買い物や硬貨の文章題の「必須手法」がまとめれていて、非常に良いです。

解法を全てしっかり理解して、身につけましょう。

この問題の考え方をしっかり身につけて、自分の持つ「考え方の引き出し」の一つにしましょう。

それらの「引き出し」を組み合わせたりして、似た文章題が解けるようになります。

f:id:Yoshitaka77:20220120121419j:plain

p14~17要点の整理

「和と差」に関する要点がまとめられて、6題あります。

基本事項がまとめられているので、全部取り組んでみて、基本的考え方をしっかりと身につけましょう。

戸惑った問題はマーク・付箋をしておいて、また今度復習しましょう。

p18~ 日々の演習(順序は自由にやりましょう)

5月2日

整数の頻出問題です。

しっかり理解できているか、確認しましょう。

解法を読んでみて「大きい順は・・・・・」などの部分は、「本当かな?」と考えてみましょう。

少し迷う時は、「具体的にAが〜なら・・・・・」と具体例で実験してみるのも良いでしょう。

具体的な例をしっかり理解して進むのが大事です。

目次
閉じる