模試の経験を活かす〜本番向けて〜|中学受験

前回は「模試の経験を活かす〜不安になるより大事なこと〜」の話でした。

最近模試を受けたお子様、お疲れ様でした。

受けたばかりの場合、模範解答・解答例を見る気持ちには、なかなかならないですね。

解答見て

あっ、間違えた!

と思うのは、誰しもショックを受けることですが、ポジティブに考えましょう!

もう終わりだ・・・

得意分野は出来ましたか。

あるいは不得意分野は、いかがでしたか。

これから、採点があって成績と各模試の分析が出てきますが、最も大事なことがあります。

それは、「自分なりに消化して、次に活かし、入試本番で出来る」ことです。

f:id:Yoshitaka77:20211022170219j:plain

塾は模試の成績と本番の合否に関する膨大なデータベースを持っています。

そのデータを元に分析するのですが、データは参考にしながら、それをあまりに意識しすぎないようにしましょう。

自分なりに問題の出来具合を考えてみて、出来なかった問題は解答や考え方を吸収しましょう。

解答を「読んで、分かったつもり」はやめましょう。

少し時間がかかっても、「理解して、書いてみる」をしてみましょう。

特に算数・理科は、解答例の図などを「自分でも真似て描いてみる」ことが大事です。

「描いてみると分かること」もありますから、自分の手で描いてみましょう。

最初はうまく描けなくても、描いているうちにコツがつかめてきます。

描いてみると色々と分かってきたり、理解しながら覚えるので、暗記にも役立ちます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次