年代並び替えの問題 2〜「年号暗記」から「流れ」を理解〜|中学受験の社会

前回は「年代並び替えの問題 1〜「年号暗記」から「流れ」を理解〜」の話でした。

目次

社会 問題 1(再掲載)

年代から考える

年代をチェックしましょう。

明治維新の年代

廃藩置県:1871年

版籍奉還:1869年

廃刀令:1876年

西南戦争:1877年

以上から、年代順に並べると、イ→ア→ウ→エが答えです。

廃刀令は知っていたけど、
年代間違えた・・・

一つ間違えたら、
Xになってしまうのね・・・

こういう「年代順に並べる」問題は、大抵は一つか二つが難しいことが多いです。

そして、「それを間違えるとXになる」のが悩ましいところです。

あ〜あ、もっと
年代を暗記しないと・・・

という気持ちになるのは良く分かります。

こういう「年代順」は「年代丸暗記」や「年代語呂合わせ」で攻略するには、限界があります。

だって、
年代分からないと、年代順に出来ないでしょ。

そうなのですが、歴史は「流れが大事」です。

年代順は「流れ」から考える

年代を覚えていれば良いですが、直前期は「年代丸暗記」だけでなく、「流れ」や「内容」を理解しましょう。

まず、版籍奉還と廃藩置県の流れは、以前にご紹介しました。

幕末維新(明治維新)の三傑である、西郷・大久保・木戸たち政府首脳が最も力を入れたのが、これらの政策です。

第十五代将軍 徳川慶喜(Wikipedia)

大政奉還した第十五代将軍 徳川慶喜に戦争を仕掛けて、戊辰戦争・会津戦争などの内戦となった幕末。

新しい世になったのは1868年で、この年に明治維新となります。

1868年は大事な年ですから、これは覚えておきましょう。

明治維新:1868年

戊辰戦争

鳥羽・伏見の戦い

江戸城明け渡し

五箇条の御誓文

新しい世になったら、最初にしなければならないことは何でしょうか。

古い世界を
変えること、だね。

明治新政府参与 大久保 利通(国立国会図書館)

とにかく、
藩を廃止しないと、始まらない!

明治新政府は、最初に「藩をなくす」を実行したかったのですが、出来ませんでした。

300もあった江戸時代の藩。

今は、47都道府県ですが、その6倍です。

すごく
多いね・・・

「藩主の考え・思い」は様々でした。

中でも、「明治維新を主導した薩長土肥」と言われますが、内実は薩摩主導です。

薩摩の力は、他の藩を圧倒していました。

島津国父 島津久光(斉彬の異母弟)(Wikipedia)

その薩摩を率いていた国父(国主でないが、事実上国主)の島津久光は、

藩を廃止?

一蔵(大久保)、お前
気が狂ったのか?

明治維新の主役の一人の大久保利通。

元々は、薩摩藩士で島津久光の家臣です。

眼光鋭く、他人を威圧した大久保ですが、

なんと言っても、
元は主人(主)だから・・・

島津久光の言うことをむげには出来ません。

おい、西郷!

西郷 隆盛(国立国会図書館)

はっ・・・

人情家でもある西郷は、「旧主人」である島津久光の意向は無視できません。

明治新政府では最高位の存在だった明治維新三傑の西郷・大久保。

元の主人である島津久光の前では、「ただの西郷吉之助と大久保一蔵」です。

お前達、
身分・立場をわきまえろ!

・・・・・

このため、版籍奉還→廃藩置県というステップを踏まざるを得なかったのです。

これで、イ→アが分かり、これらが最優先なので、「廃刀令より先」です。

廃刀令もまた、非常に重要な出来事です。

江戸時代は、士農工商の身分制度のような制度があり、「武士・侍が最上」でした。

江戸時代は、徳川家が日本政府のような役割でしたが、一種の共和制で、各藩が国のような存在でした。

武士・侍は、それぞれの藩・国を守っていたのです。

俺たちが
頑張っているから、藩があるのだ!

武士・侍たちは、日常で刀を帯びて歩いていたのです。

今の世の中ではあり得ませんが、想像してみましょう。

刀・刃物を腰に帯びている人が、日常に街中を歩いているのです。

怖いわ・・・

怖いですね。

武士・侍は、いきなり刀を振りかざしてくるかもしれません。

普通の人が、武士・侍に斬りかかられたら、どうなるでしょうか。

それは、
絶対勝てないね・・・

新しい世の中、当時の欧米(特に欧州)を見習うと、「日常に刀を帯びている」存在は消さなければなりません。

武士・侍が
刀を帯びるのは、言語道断!

桐野 利秋 陸軍少佐(Wikipedia)

刀は武士・侍の
心だ!

刀を
廃止するだと!

おい!
大久保!

誰のおかげで、
明治維新が出来たと思っているんだ!

西洋の革命と比較すると「かなり穏便だった」明治維新という革命。

「無血革命」と呼ぶ人もいますが、実態は戦争の連続でした。

そして、桐野利秋(中村半次郎)のような「前線で戦い続けた武士・侍」によって、明治維新は成し遂げられたのです。

この意味では、穏便でもなんでもなく、武力革命だった明治維新。

・・・・・

対して、大久保は戦場では戦っていません。

お前、
戦ってもいないのに一体何様だ!

こう言われると、大久保といえども反論しずらいです。

廃刀は一刻も
早くしたいが・・・

武士・侍たちが
反乱起こしては、政府がひっくり返るかも・・・

いわば、「薩長主導の反乱」で成し遂げた明治維新。

その反乱の中心である武力を有する武士・侍たちの存在は、非常に怖いです。

少し、
ゆっくりやろう・・・

超強気で、眼光光らせていた大久保。

その後、征韓論(明治6年の政変)で、西郷・桐野らが一斉に退職します。

しかし、大久保といえども元々は薩摩藩士であり、薩摩藩への配慮と武士・侍への配慮はしなければなりません。

明治政府は「新しい時代」目がけてもう突進して、武士・侍の階級の解体を徐々に行います。

おいどん達の
立場は・・・

押される旧武士・侍たち。

もう良いだろう!

とタイミングを見計らっていた大久保達は、1876年に廃刀令に踏み切ったのです。

廃刀令!

大久保!
きっ、貴様!

それまでも、武士・侍の反乱が起きていましたが、この廃刀令もまた大きな爆発を呼びました。

西郷どん!

大久保は、
維新を成し遂げた、おいどん達の存在を消すつもりごわす!

・・・・・

そして、西南戦争に至りました。

先に「イ→ア」で、後に「ウ→エ」となります。

答えはイ→ア→ウ→エです。

このように、歴史は年号丸暗記ではなく、流れをしっかり理解しましょう。

すると、このような「年代順」の問題も、「年号を覚えてなくても出来る」ようになります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次