MENU

学習マンガで歴史の流れを楽しく学ぼう|本質的教育

前回は「日本の歴史を楽しく学んで、自国・日本を知ろう!」の話でした。

「歴史」というと、年号や人物名を「暗記する」ことを想起され、「歴史は暗記科目」とお考えになる方もいらっしゃるかもしれませんが、大事なことは「流れ」です。

こまかな年号よりも、まずは流れを把握しましょう。

まずは「人物」と「おおまかな流れ」を理解することが大事です。

鎌倉幕府成立は僕が子供の頃は1192年(いい国つくろう)だったのですが、源頼朝が守護・地頭を設置した1185年を「事実上の鎌倉幕府成立」という説もあるようです。

1192年の征夷大将軍就任は「形式に過ぎない」ということのようです。

1185年なら「いい箱(1185)つくろう」と覚えるみたいです。

f:id:Yoshitaka77:20220309122752j:plain
源頼朝(Wikipedia)

僕は「征夷大将軍という役職・形式」は大事と思います。

語呂合わせなら、「良い国(1192)つくろう鎌倉幕府」が、特に小学生にとっては分かりやすくて良いですから、鎌倉幕府成立=1192年で良いと思います。

「ひたすら暗記する」のではなく、流れを「楽しく」学びましょう。

この「学習まんが」は「ただの漫画」でありません。

よく読むと、かなり細かなことまで記載されています。

なかには、「この人物まで触れなくても良いのではないか」と思ってしまうような方まで出てくることもあります。

小学校高学年の学校のテストでも受験でも、社会における歴史の比重は大きいですから、どんどんマンガを買って、どんどん読んでもらいましょう。

お子様の好きな・面白そうな巻を、できれば一緒に書店で選んでもらって買うのが良いでしょう。

なんでも「1巻から」というと「1巻が合わない」と、子供はやる気を無くします。

縄文時代が好きな子は1~3巻くらいをから始めれば良いですし、戦国時代が好きな子は該当する号から始めれば良いです。

まずは、歴史に興味を持ってもらうようにしましょう。

日本は第二次世界大戦に対する「後ろめたさ」か、特に近現代の歴史に関しては、あまり触れたがらない風潮があります。

それを知ることは日本人としてきちんと自覚を持つには、最重要とも言えることだと思います。

小学生の間にそれができたら良いですね。

歴史を深く知る姿勢は「歴史・社会が得意になる」だけではなく思考力を鍛え、「記述式問題対策」としても中学受験に大変有効です。

歴史は様々な解釈ができるので、記述式問題として「出しやすい」面があります。

お子様が歴史が好きになって、得意科目になるといいですね。

目次
閉じる