過去問から学ぼう〜歴史・地理と記述の問題〜 6|武蔵中2022年社会・中学受験

前回は「過去問から学ぼう〜歴史・地理と記述の問題〜 5」の話でした。

2022年武蔵中学 社会

今回は、問5に進みます。

2022年武蔵中学 社会(四谷大塚ドットコム 中学入試過去問データベース)
2022年武蔵中学 社会(四谷大塚ドットコム 中学入試過去問データベース)

日本と米国、ドイツの学校の仕組みの比較です。

この問題は、新鮮味があって海外、特に米国・ドイツと比較するところが良いですね。

まず、米国は大学などの教育が、世界の最先端であり続けています。

世界の大学トップランキング常連は、他に英国のケンブリッジ・オックスフォード大学があります。

ランキングではドイツは米英より少し劣るものの、20世紀初頭までは欧州の科学技術の中心だったドイツ。

あのアインシュタインも、元々はドイツ人です。

問題文では、下記のように描かれています。

日本の教育

戦前(旧制):複線型(専門学校・大学、男女別)

現代(学校教育法):単線型(小学校〜大学)

上記のような「まとめ」を実際に書いてみましょう。

上のは例であり、「自分なり」で良いでしょう。

このように実際に書いてみると、考えが整理されます。

問題では「日本の旧制は、米国・ドイツのどちらに近いか」です。

ここで、両国の学校制度の図を見てみましょう。

大きな違いは、米国がジュニアスクールの次が「〜ハイスクール」で似た感じです。

対して、ドイツはギムナジウムなど名称が異なります。

こういう「基本的な違い」にまず気づくことが大事です。

それぞれが「〜を目指す人のための学校」と「専門性によって別れる」ことがわかります。

旧制では「教員になるための〜」とありますから、「〜のための」が同一のドイツ型です。

答えはイ(ドイツ型)であり、旧制とドイツは「複線型」となります。

2022年武蔵中学 社会(四谷大塚ドットコム 中学入試過去問データベース)

後半の問題は、考えたことを簡潔にまとめましょう。

「単線型と複線型の違い」の最も特徴的なものは、「〜になるための」です。

つまり、複線型は専門性が高くなり、卒業後の進路が「学校によって、ある程度の範囲に決まる」ことです。

この時、

単線型と複線型

単線型=進路が幅広い中から選べる

複線型=専門性が高く、選べる進路が限定される

という考え方でも良いかもしれません。

ただし、この言い方だと、あたかも「限定される複線型が劣る」ような意味が含まれます。

単線型と複線型はそれぞれ良い面・悪い面があるのでしょう。

この意味では、

単線型と複線型

単線型=幅広く学び、様々な進路から選ぶ

複線型=早期に方向性を決めて高い専門性を学び、その中から進路を選ぶ

という内容を書いた方が、「学びとの関係」も含んでいて良いように考えます。

自分なりにまとめてみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次