過去問から学ぼう〜歴史・地理と記述の問題〜 7|武蔵中2022年社会・中学受験

前回は「過去問から学ぼう〜歴史・地理と記述の問題〜 6」の話でした。

2022年武蔵中学 社会

単線型・複線型の学校制度に関して考えました。

問6に進み、日本国内、とりわけ関東地方一都六県の話です。

2022年武蔵中学 社会(四谷大塚ドットコム 中学入試過去問データベース)

「都・県内の進学率」と「都・県外の進学率」の男女別の状況をまとめたグラフです。

社会のグラフにしては、かなり細かいグラフです。

こういう問題は、理科のように「じっくりグラフを読む」ようにしましょう。

一眼見て、左側の「東京以外」と右側の「東京」で大きく異なることが分かります。

この時、左右でグループ分けをして、「丸で囲む」などグラフに気づいたことを描くのも良いでしょう。

図と異なり、明確な数値のあるグラフは、「大きな傾向」を読み取りましょう。

単に「大きく違う」よりも「何が違うのか」を考えるのが良いでしょう。

何が違うのかな、
って考えるの?

あまり難しく考えずに、「グラフの大きな特徴」となる線を自分で引けると良いでしょう。

「グラフの問題」というと、理科の実験問題です。

理科の実験問題では、直線や曲線のグラフがあって、その線から「傾向」を読み取ります。

うん。
そうだよ。

グラフの線から、
傾向を読むのは出来るけど・・・

自分で「線を引く」のは、
難しそうだわ。

左右の大きく傾向が異なるグループの間には、明確な違いがあります。

そこに境界が見えてきませんか?

少し、考えてみて「線を引く」を考えてみましょう。

その線を描いてみましょう。

2022年武蔵中学 社会

「都・県内の進学率=都・県外の進学率」となる直線を描いてみましょう。

この線は
分かりやすいね。

大きな傾向が、
よく分かるわ。

この線は、
どうやって引くの?

「縦軸と横軸が比例=同じ」となる直線ですから、同じとなる「20%同士」などの点と原点を結びましょう。

この直線が
二つのグループの大きな境界になるのね。

このように「大きな傾向を掴む」とグラフは良く分かります。

最近は、「情報」や「プログラミング」などの科目で「X軸とY軸」を勉強しているかもしれません。

すると、この直線は「X軸とY軸が同じ」あるいは「Y=X(X=Y)」ですね。

新たに引いた、この直線をもとに考えましょう。

直線の上はなんでしょうか。

「都・県外の進学率>都・県内の進学率」
だね。

直線の下側は、
「都・県外の進学率<都・県内の進学率」だわ。

そして、直線の下側は、
男女ともに東京だわ。

すると、一番大きな傾向は、

1.東京は男女ともに、都内の大学へ進学する割合が多い

2.他の6県は、県外への進学率が県内の進学率より高い

そして、「全国平均」のマークにも気をつけると、

3.他の6県は、全国平均よりも県外への進学率が県内の進学率より高い

です。

そして、この問題文のテーマになっている、「男女の違い」にも注目してみましょう。

全部、男子より女子の
進学率が低いわ。

そうですね。

4.関東全ての地域で、男子より女子の進学率が低い

これらを、自分なりにまとめてみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次