MENU

理科を得意になろう 1〜基本から応用へ〜

前回は「理科の学び方 3〜大きく描くとだんだん分かる〜」の話でした。

志望校の出題傾向にもよりますが、理科は「しっかり考えながら、学ぶ」のが良いでしょう。

理科の中でも「生物系:人体など」の分野は、暗記の傾向が強まると思います。

この分野は「知らなければ答えようがない」問題となるからです。

生物系は、自分でまとめようとしても、絵を描くのが難しく、また不正確になる傾向があります。

参考書等の絵を見ながら、何度か書き込んでみるのが良いでしょう。

中学受験〜大学受験の際に、答えが消えるシートで暗記を覚えることが多いです。

僕も、英単語・熟語などで、赤いシートで隠して覚えました。

このやり方は何回か反復する必要がありますが、参考書等でこのやり方をしても良いでしょう。

理科の生物と英単語・熟語の違いがあります。

英単語・熟語は「まず覚える必要があり、そのまま覚える」です。

生物は問題によるので、「しっかり暗記していても、問題に対応できるかは別」の傾向があります。

そのため、「ある程度基礎を学んだ」後は、どんどん問題集をやった方が良いでしょう。

問題集の暗記で解けない部分は、その部分を「覚えよう!」と一生懸命学びましょう。

理科の生物系、あるいは一部の化学系(溶液など)は暗記することが、非常に多岐にわたります。

その「どこが出てくるのか?」が分からないで、ひたすら暗記しても、子どもは苦痛に感じるでしょう。

暗記の分野を学ぶときは、「ここが大事!」みたいなことが参考書に書いてあります。

「大事!」ばっかりで、
全部覚えるの大変だよ・・・

覚えることが沢山ある中、「出題しやすい分野」というのがあります。

そのため、過去の問題を見てみると、「似たような問題」が沢山あることでしょう。

「暗記すること」が目的ではなく、「問題を解けるようになること」が目的です。

「問題集は問題を解く」で「参考書は学ぶ」と分ける必要はありません。

問題集を解きながら、学んでみましょう。

そして、「解けなかったところ」は問題集に描きこんだり、自分で簡単にノートにまとめたりして、理解しならがら学ぶ・暗記するのが良いでしょう。

このプロセスで、塾・市販の問題集は、「その子だけの問題集・参考書」に変化します。

私だけの問題集・参考書に
なるのね!

「学び方・勉強の仕方」は、ある程度の基本がありますが、子どもの学力や指向性次第で大きく変わります。

「世界で一つだけ」の自分だけの問題集・参考書を、一生懸命学んでみましょう。

目次
閉じる