MENU

直前期における効率的算数学習法(難関校)〜合格へ向かって進んでゆこう!〜3|中学受験

前回は「直前期における効率的算数学習法(中堅校)〜合格へ向かって進んでゆこう!〜2」でした。

今回は「難関校へ向けて」具体的な話です。

目次

難関校合格へ向けて

難関校受験生向けの学習法です。

1. 問題に挑戦!少し考える(出来たらOK)

2. 解答の要点をメモしながら読む

3. 解答を閉じて、再度挑戦!出来なければ、2をもう一度

前回は「解答の一部を」でしたが、難関校受験生は「理解して、要点」を考えながらメモしましょう。

3は記述式試験を想定すると、ある程度「実際に解答を作る」感じで紙に書くのが望ましいです。

「分かっていれば表現することは出来ている」と自信があるお子様は、「自分が分かる」書き方で良いです。

f:id:Yoshitaka77:20211031020342j:plain

具体的手法 1

以前、当ブログ問題3の解法Bとして、棒グラフを描く解法をご説明しました。

この解法において、棒グラフは「本質的」です。

こういう問題が解けない時、棒グラフを自分の手で再現しながら解答を理解しましょう。

f:id:Yoshitaka77:20211021061153j:plain

上記のような棒グラフを描いて「解こう」としている場合は、「50gのおもり9個を除外すると」がポイントなので、そのようなメモ書きでも「考えている」ことは表現するようにしましょう。

記述式において、「明確に表現する」ことは大事ですが、適当に略しても採点者はわかります。

メモ書きであっても採点者・学校は「一生懸命答案を見て、考えている事を評価しようとする」のです。

具体的手法 2

問題5の解法Bとして、表を作成する解法の話をしました。

解法のポイントは下の表です。

f:id:Yoshitaka77:20211026182955j:plain

特徴的な19 : 17に着目しましたが、同様に表を作成して「別な比に着目してスタート」しても解けます。

未知数の設定に「解きやすい設定」「考えやすい設定」はありますが、設定の仕方は自由です!

自分なりに自由に設定して、同様の解法でも少し異なる視点で解いてみることは、問題を多角的にみることになり、学力アップにつながります。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる