MENU

女性も専門家目指そう|威人紀行

前回は「威人紀行と中学〜大学受験 2」の話でした。

今回は、女性の進学・勉強への姿勢に関する話です。

男性も参考になる部分があるかもしれません。

最近、World Economic Forumから”Global Gender Gap Report”が発表されました。

「女性の社会進出」の指数としても知られ、日本は近年ずっと非常に低い状態です。

今年は・・・というと、日本は「世界で120位」でした。

Global Gender Gap Report 2021(World Economic Forum)

発表されている国々は156なので、「尋常ならざる低レベル国家」となります。

日本に順位が近い国々は、

116位 スリランカ

117位 ガーナ

118位 ギアナ

119位 アンゴラ

です。

これらの国々も素晴らしい面があるでしょうが、日本と環境が似ている国では、全くありません。

先進国やG7などでは、

米国 27位、英国 22位、ドイツ 10位、フランス 15位、イタリア 63位、カナダ 25位です。

さらに衝撃的なのは、中国が102位、韓国99位で、日本より大分上です。

Global Gender Gap Report 2021(World Economic Forum)

レポートは、下記サイトでご覧ください。

特に、経済活動・政治活動で著しく低い得点で、政治に至っては147位で、事実上最下位です。

教育面でも92位で、異常に低い立場です。

威人紀行でご紹介している山崎さんは、「東大へ入学したときに、女子が少ないことに驚いた」と著書で述べています。

女子が少ないことに驚くのは、女子だけではありません。

もちろん、男子もびっくりです。

男子校も良いところ、たくさんあるけど・・・

久しぶりに共学だ!と思ったら・・・

なんで、こんなに女の子が少ないの・・・

特に少ない理科一類では、女子率が9.6%(2021年)で、10%を切っています。

僕の頃は、もう少し少なかったのですが、ついに「消費税よりも、少ない割合」となりました。

勿論、「女子の能力が低い」のではなく、長年の日本の「男子中心主義」が非常に大きな悪影響を与えているのでしょう。

この著しく低く、到底「先進国」とは言えないレベルの日本。

変えるためには、男性側に大きな意識の変革が必要です。

また、女性側も「専門家目指そう」くらいな気持ちで、中学(小学校高学年)〜高校を過ごして欲しいです。

そして、女性・女子も「女の子だから」と遠慮しないことです。

山崎直子さんの高校は、女子にも頑張って、どんどん学ぶように教育していたようです。

「女の子だから」の遠慮がなかったのが、
とても良かった!

「女の子らしく」も、とても大事ですが、山崎直子さんのような方を見習って、女性・女性も専門家目指して、学んで欲しいと思います。

日本のために、女性・女子には、さらに積極的な姿勢で学んで欲しいです。

「算数・数学が得意な女子」もカッコいいと思います。

男子も負けじと頑張って行きましょう。

目次
閉じる