思考の流れを意識しよう 2|算数

前回は「思考の流れを意識しよう 1|算数」の話でした。

中学〜大学受験の算数・数学において、前段に小問が並ぶ形式の試験の場合。

合格するには、これらの小問を見たら、

ああ、あれだな。

と気づいて、「すぐに手が動く」ことが望ましいです。

これは、「クイズに早く答えるようになる」ようなことで、「本質的な学習」とは関係ないことです。

「何を、どのように学んできたか」という問題によって、「学習の習熟度」を測るのが本来望ましいでしょう。

「素早い対応力・問題解決力」も大事なので、そのような問題が出題される形式には、着実に・素早く対応しましょう。

中学受験の算数で、具体例に考えましょう。

倍数や最小公倍数などが、テーマになりやすい整数の問題。

問題にもよりますが、

ああ、あれだな。

と、解法の「とっかかり」が見つからず、

よく分からない・・・

という時もあります。

そういう時は、自分で「簡単な具体例」を考えてみましょう。

そこで、

こういうことかな?

と気付ける可能性が、飛躍的に高くなります。

「分からない」と問題文とにらめっこしていても、なかなか出来るようになりません。

でもさ。
こういうことしてて、時間が過ぎるのが困るよ。

そうだわ。

「具体例を考える」良さも分かるけど、
時間がかかって・・・

こういう「自分で具体例を考える」のも「思考の流れを作る」のに役立つのです。

まずは、自分で勉強する時は、「どういうことかな?」を意識して考えてみましょう。

ただ「解き方はこうです」という「解法を理解すること」に集中していると、「解法のパターン」の習得になりがちです。

「パターン習得が近道」という考え方もありますので、「その方法が良い」ならば良いでしょう。

そういう思考性も、また個性です。

「解法のパターンの習得」ばかりしていると、応用力が育ちにくくなると考えます。

「自分で具体例を考えた上で、解法を学ぶ」と、「考え方の流れ」がしっかりと身に付きます。

「考え方の流れ」が身につくと、応用力・学力が上がり、成績も上がるでしょう。

多くの問題をこなすよりも、「しっかり考える」を実践してみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次