MENU

ちょっとした実験から学ぼう|理科の教育

前回は「ちょっとした実験を楽しもう」の話でした。

「様々な色を作ってみる」ちょっとした実験でした。

小さい頃に「好奇心を持つ」心や姿勢を育むことは、中学受験〜大学受験においても大きな力となるでしょう。

f:id:Yoshitaka77:20211004124930j:plain
混色の実験(教育紀行)

小さなお子様と一緒に好奇心持って「小さな実験」「ちょっとした実験」をしてみましょう。

考えて正しかったら「実体験として」大いに記憶に残ります。

「考えてみた結果、間違っていた」としても、その間違えた時の記憶が残ります。

間違えた方が、記憶に残りやすいでしょう。

その意味では、間違えたら「新しい発見をしたね!」と子どもを褒めてあげましょう。

間違えた方が、良い経験になるし、
頭に入るだろう

教科書や参考書等で「ただ学んだ」ことは、興味がないとなかなか頭に入らないことがあります。

読んでいる時は「分かっている・理解した」気になっていても、問題等で問われると「答えられない」ことは多いです。

「体験する」ことは「身体と頭脳を使う」ので、幅広い能力の向上・記憶力のアップ、そして学力アップにつながります。

特に子どもが小さい時は、こういう「体験する」ことが大事です。

「実験」というと大仰に聞こえるかもしれませんが、ちょっとしたことが「なんでも実験」です。

小学校の理科実験、僕は大好きでした。

そしてその時の理科の先生が大好きでした。

僕が受験生の時は、塾で「理科実験教室」がありました。

これは、なかなか楽しかったです。

中学校の理科実験教室を借りて、塾が運営していたと思います。

これは「実際に実験を体験してもらい、実験問題などへの対処能力を高める」ことが狙いです。

なんでも「実体験」することは大事です。

豊富な実体験は、頭だけではなく「頭脳と身体で学ぶ」姿勢が身に付きます。

その姿勢は中学受験〜大学受験においても非常に大きな力を発揮し、大きな学力向上につながるでしょう。

小さな頃からなんでも一緒にやって、子供の好奇心を高めましょう。

目次
閉じる