MENU

実験問題攻略法 2〜簡単な絵を描いて、イメージを膨らませよう〜|中学受験の理科

前回は「理科の実験問題攻略法 1〜イメージを思い浮かべて、得点力をアップしよう〜」でした。

開成中学校の2020年理科の問題3、後半です。

f:id:Yoshitaka77:20211214164545j:plain
f:id:Yoshitaka77:20211214170023j:plain

問3では、6→7の変化が問題です。

6で食塩がこれ以上溶けなくなりました。

食塩と水の体積の差を考えましょう。

f:id:Yoshitaka77:20211214164554j:plain

食塩が24g多くなっているのに対し、体積は11ml=11cm3増えています。

答えは24/11=約2.2g/cm3となります。

理科の問題では、単位は非常に大事です。

これは、中学以降の物理・化学でもそうですが、単位は根本的なことです。

理科の計算をするときは、上記のように単位も含めて、掛け算や割り算をすると、理解が進むでしょう。

また、単位の掛け算・割り算も通常の掛け算・割り算と同様に扱えます。

「g/cm3を求めよ」ですから、その単位にならなければなりません。

問4では、食塩を蒸発させて・・・とあります。

この時、頭でイメージできれば良いですが、下記のように状況を描いてみましょう。

f:id:Yoshitaka77:20211214170527j:plain

6で食塩が「これ以上溶けません」ですから、1→6のプロセスでの変化を描いてみましょう。

上記のように、1にはなかった食塩が、6では溶け込んでいますから「食塩が溶け込んでいる」と・を食塩代わりに点を描いてみましょう。

そして、その下に変化する量を書いてみましょう。

食塩36gが、元々あった水100mlに対して「最大の溶ける量」ですから、溶ける食塩の量=36g/100mlとなります。

上記の通り、ただ36/100と書くのではなく、36g/100mlと単位も含めて書きましょう。

少し遠回りに感じるかもしれませんが、その方が間違いがなく、イメージも膨らんでゆくと思います。

ここで、5の状態から、水を加熱して40g蒸発させます。

下記のように図を描いてみましょう。

f:id:Yoshitaka77:20211214170842j:plain

溶けきれない食塩が沈澱するはずですから、「下の方に沈澱した」ようなイメージで描いてみましょう。

そして、こういう変化があったときは、「変化したのは何かな?」と明確にしましょう。

今回、水だけが100gから60gに減っています。

体積の変化は大事ですが、「食塩の量=g」を問われていますから、「ここでは体積は関係ないな」と考えましょう。

すると、残った60gの水に溶ける塩の量は上記の通り、計算できます。

溶ける量が分かれば、引き算で残りの量が分かりますね。

理科の問題で文章しかない場合では、自分で絵を描いてみましょう。

描いてみると、なんとなく「ああ、そういうことか」とポイントが分かります。

絵を描く時間がもったいないように感じるかもしれませんが、着実に得点をあげるには最も良いです。

描く時間がかかっても考える時間が減りますから、全体的には時間的にも効率が良いでしょう。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる