MENU

自分の行きたい志望校をリアルにイメージしよう! |中学受験

前回は「本質的教育の考え方で、学力上げよう!」でした。

今回は第一志望校が決まっているお子様と親御様の、受験当日までのオススメの過ごし方の話です。

第一志望校は、親が決めることが多いと思います。

お子様が決めている方もいらっしゃるかと思いますが、「親が候補を絞り込んだ」上で決めている方が多いかと思います。

f:id:Yoshitaka77:20220127064611j:plain

第一志望はどのように決めましたか。

教育理念、学校の雰囲気・名声、大学進学実績、自宅からの距離など様々な要素があります。

親が決めるにしても、子供が決めるにしても、やはり「子供に合うイメージの学校」を選ぶのが良いでしょう。

名声のある学校は、必ず「学校の校風・カラー」があります。

中高一貫校の場合、思春期の一番重要な時にそのカラーに6年間染まるのですから、人生に与える影響は極めて大きいです。

「その後の人生を決定づける」と言っても良いでしょう。

僕は「カラーの強い」学校を出ていますから、その影響は一生残るもので、僕の財産でもあります。

「卒業校はどこ?」と言われたら、大抵は大学になると思いますし、社会的には大学名を名乗りますが、僕としては、出身高校を言いたくなります。

通う中学校・高校にもよりますが、お子様にとって、そのくらい影響が強いこともあります。

f:id:Yoshitaka77:20211014115519j:plain

日本は東大合格者数などの「大学進学実績」によって学校を序列化し、さらには近年の合格者の偏差値によって、さらに序列化しています。

僕自身は、この「序列化」は良くない面もあると思っていますが、この「序列」の上の方の学校に合格したいと皆考えます。

序列・ランキングのことも意識すると思いますが、お子様の将来を考えますと、教育理念・校風・カラーが最も大事だと思います。

ぜひ、志望校の校風やカラーを考えてみましょう。

目次
閉じる