MENU

自宅でロケット飛ばそう 6〜失敗を活かそう〜|学研の科学

前回は「自宅でロケット飛ばそう 5〜発射しよう〜」の話でした。

「発射!」と着火スイッチを押したものの、発射しません。

失敗です。

発射しないね・・・

子どもは、残念そうです。

失敗したら、誰しもガッカリします。

なんで失敗したのかな?

もう一度やってみよう。

実験でも、問題を解く際も「失敗したら、すぐにもう一度やってみよう!」と気持ちを入れ替えることが大事です。

その際には、ただ「もう一度」ではなく、「なぜ失敗したか」「なぜ上手く行かなかったか」を考えることが大事です。

もう一度、全ての試験官のキャップを外して、配管をチェックします。

ちゃんとつながっているね。

とこかで、キャップの締まりが
良くないところはない?

ちゃんと締めてみるね。

キャップからの気体の漏れはなさそうです。

ここで、再度ハンドルを回して電気分解をしてみます。

一度失敗したので、子どもはムキになって、たくさんハンドル回して、泡を出します。

このプロセスで、発生した気体が、きちんとロケット台の試験管に行っているか確認します。

こっちの試験管に
気体が行っているかな?

泡がブクブク出てきました。

たくさん泡が出てるよ。

きちんと気体が入って行き、ロケット台の試験官の水が押されて、水位が下がっているのが確認できました。

ちゃんと、出来ているはずだね。

どんどん気体を発生させて、ロケット台の試験管にためて行きます。

この気体が発火して、ロケットが発射するので、「気体の量」は大きなポイントです。

少し多めに気体をためよう。

うん。
たくさん出すね。

かなり気体が溜まってきました。

そして、気体もれがないことを確認しながら、進めて行きます。

もう少し、気体をためよう。

うん。
分かった。

「次は成功させる!」と子どもは大いに意気込んでいます。

この「次は成功させる!」「次は大丈夫!」という気持ちは、とても大事です。

図形問題は、「上手い補助線」が見えてこないと、なかなか進みません。

そういう時は、焦る気持ちが出ますが、焦らずに「どこかに良い補助線があるはず」と前向きに考えましょう。

算数の問題は、「問題の鍵」を見つけることが大事です。

「解放パターンをできるだけ増やす」勉強も良いですが、「鍵を探す」姿勢も大事です。

「鍵はどこかな?」と楽しむくらいの気持ちが、算数の学力アップにつながるでしょう。

目次
閉じる