MENU

自宅でロケット飛ばそう 5〜発射しよう〜|学研の科学

前回は「自宅でロケット飛ばそう 4」の話でした。

泡が出てきて、いよいよロケット発射です。

泡がどんどん出てきました。

2本の棒から出る泡の量が、
違うね。

あ、本当だ?

なぜだと思う?

分からないよ。

考えてみて。

う〜ん。分からない。

これは、小学生だから、わからないのが当然です。

「水分子の組成がH20で、Hが2つ、Oが1つ」が理由ですが、それは中学以降の化学です。

水が出来ているものが
二つあって、量が違うんだよ。

ふ〜ん。

子どもは、どんどんハンドルを回します。

気泡がたくさん出てきて、その様子がなんとも面白いです。

すごく泡が出てきたね。

そろそろ発射準備OKです。

ロケットの下の水が、
少なくなってきたね。

あっ、本当だ。

パイプでつながっているから、
泡がロケットの試験管に行くね。

その泡が、水を押し出すんだよ。

ふ〜ん。

ロケット下の水が十分下がったと思ったら、
発射してみて。

うん。

ここで、子どもが「発射!」とロケットを斜めにしました。

ロケットを斜めにするのは、
後にしよう。

とりあえず、「普通の状態」で実験が成功することが大事です。

だいぶ泡が出て、ロケット下の水が下がりました。

もういいかな。

発射してみよう。

発射!

子どもが、着火スイッチを勢いよく押します。

・・・・・・・

発射しませんでした。

あれ?

発射しないよ。

発射しないね。

もう一回やってみよう。

何事も経験です。

失敗したら、「上手くいかなかった理由」を考えましょう。

どこか、隙間があるのかな?

そうかもね。

この失敗は意図的ではなく、僕としても、しっかり準備していたつもりだったので、意外でした。

失敗も、たまには良いですね。

「実験の失敗」は挫折でもなんでもありませんが、「上手くゆかないこと」に対処できる力は大事です。

「なんでだろう?」という好奇心が、理科への好奇心を大きく育てます。

そういう姿勢は、算数・数学への姿勢としても、とても大事です。

解けなかった問題は、「なぜできなかったんだろう?」と考えながら、しっかり復習しましょう。

次回は、再チャレンジです。

実験内容は、小学生には非常に高度で、中学生以上の内容です。

「ロケットを飛ばす」という行為が、遊びに似た実験でオススメです。

学研の科学(学習研究社)

子どもと理科実験するには、非常に良いので、ぜひお手に取ってみてください。

目次
閉じる