MENU

「自分で選ばせる」ことは子供の主体性を育み、自立心と向上心を育てる |本質的教育

前回は「波紋が広がるよう学力をグッと上げよう!」でした。

未就学児や小学生のお子様と一緒にご飯食べるときや、お菓子をあげる時、どうしていますか。

僕は、なんでも子供には選ばせるようにしています。

アイスひとつでも、二つか三つ見せて、「どれがいい?」と選んでもらいます。

食事では決まっていることもありますが、最近流行りのテイクアウトなどでは、「唐揚げがいいか、ハンバーグがいいか、あるいは他のものがいいか」を考えてもらいます。

そうして、「考えて選ぶこと」を育んでみませんか。

小さなことでも「与えて終わり」では、子供は受動的になってしまいます。

能動的にいきる、主体性持って生きて欲しいのでしたら、身近なことから始めてみましょう!

考えてみれば、人生は選択の連続です。

どこで遊ぼうか。

どこの小学校・中学校へゆくか。

誰と友人として付き合うか。

どこへ旅行にいくか。

どこの大学に行くか。

大学院へ進学するか、就職するか、あるいは留学するか。

どの会社に就職するか。

誰と結婚するか。

どこに住むか。

人生は選択で決まっているとも言えます。

その中、自分で考えて、自分で道を切り拓いてゆくような子供に育つのが最も良いと思います。

なんでも自分できちんと考えて選んでみる。

こうした身近なところから、主体性が育ってゆくでしょう。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる