MENU

新小学校5年生の中学受験生へ|中学への算数

前回は「図形の考え方を習得しよう:中堅校〜最難関校受験生へ」の話でした。

中学への算数の4月号のご紹介をしておりますが、非常に優れたテキストです。

後半の「今年の一題」は、さすがにその道の一流のプロの方々が選んでいるだけあって、全て良い問題・優れた解法です。

本号は「受験数学の基礎固め+来年のイメージ」として、非常に大事な内容を持つと思います。

新6年生の全ての受験生には是非ご購入頂き、数題かでもやって欲しいです。

取り組む際、問題の考え方・取り組み方は、順次ご紹介するので参考にしていただければと思います。

f:id:Yoshitaka77:20220227063445j:plain

さらに、御三家・最難関校を目指している新小学校5年生(小学校4年生)の方も、少しでやってみると良いでしょう。

少し早いかもしれませんが、基本的な問題だけでもやってみましょう。

算数が余程得意な方以外は、日々の演習以降は難しいでしょう。

最初の初歩的(新6年生にとって)問題を何題かやるだけでも効果が高いでしょう。

受験雑誌は「1年間で完結する」内容になっていますが、問題や考え方は執筆者の考え次第で、年度によって様々な解法が紹介がされています。

ほんの少しやってみるだけでも効果があり、今年の1年と来年新小学校6年生になった時の1年では取り上げられている問題・解法・考え方が異なります。

意欲的な新小学校5年生も是非やってみて、年度末に処分せずに来年も大事にとっておきましょう。

「あの時の解法が良かったな。」とか「あの問題、もう一度復習してみたい」と思うことがあるでしょう。

「問題数を増やす」という考え方というよりも、「効果的な考え方・解法を多く身につける・習得する」というスタンスです。

あまり無理せずに、多くの問題に取り組まないようにしましょう。

後半の「今年の一題」は、もし志望校があったら「ふ〜ん」とチラッと読んで、少し描いて「そうなんだ。」と思うだけでも良いでしょう。

明日は難関中学受験のお子様へ向けて、4月号の「習得すべき問題」をご紹介します。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる