MENU

図形の基本性質をマスターしよう:中堅校〜最難関校志望のお子様へ|中学への算数4月号

前回は「中学受験のお子様へ|中学への算数4月号」の話でした。

今回は「中学への算数」4月号の「必ず押さえておくべき」問題をお知らせします。

本号は大事な問題が多いですが、中でもp9の5「図形 角度」の問題は全てやりましょう。

5では平行四辺形・正三角形・正五角形・円などの非常に特徴的な図形に対して「様々な角度」を求めます。

これらの図形は実に様々な特徴・性質があり、それらは多くの受験生が「知っている」ことでしょう。

その「知っている」性質をきちんと理解していること、そして応用できることが大事です。

f:id:Yoshitaka77:20220227063445j:plain

解説では基本性質がまとめられており、「n角形の外角の和は、nによらず360°」という大事な性質も書かれています。

こういう基本性質は、読んで「ふ〜ん」で終わってしまうと、意外と頭に入っていないことが多いのです。

ぜひ、手で描いてみましょう。

五角形だとどうなりますか?あるいは六角形ならどうでしょうか?

描いてみると「確かに角度が一緒な気がする」ということが、ちゃんと分かります。

そして頭の中にきちんと入ってゆきます。

基本性質を押さえた上で、少しずつ角度を求めてゆき、最終的な答えに至ります。

これらの問題の図形自体も全部描いてみましょう。

「別解」もありますが、角度を求めるプロセスは、解く人によって少し異なることがあります。

「スマートな解き方」はありますが、まだ時間がある今は「スマートさ」を求めるよりも、「きちんと基礎的事項を理解する」ことに集中しましょう。

少し遠回りしても「きちんと理解して解く」ことが大事です。

7問の問題がありますが、基本事項とこれらの解法を完全に理解して、頭に入っているようにしましょう。

同じ問題が出てきたら、「直ぐに出来る」くらいしっかりと理解しましょう。

これらの問題をしっかり理解すれば応用力が高まり、図形の角度の問題は、ほぼ全て解けるようになります。

目次
閉じる