MENU

算数実践58〜問題 10(5)グラフを考えよう〜|中学受験の算数

前回は「算数実践57〜問題 10(4)解法B〜」の話でした。

今回は続きの(5)です。

目次

問題10(5)

グラフを考える大事さ

(1)〜(4)までは原題に従い「正三角形の面積=125」でしたが、「正三角形の面積=100」と変更しました。

全体の面積を変えることは、問題の連続性が損なわれますが、「面積の割合」が大事と考えました。

ご了承下さい。

この問題は、小学生の範囲を超えています。

「面積の変化する数式を導いてください」や「面積のグラフを描いてください」なら中学生の問題になります。

そのため、ここでは「グラフのおよその形(概形)を描いてください」としました。

「大体の形」で良いのです。

曲線のグラフは、理科でよくあります。

その意味においては、「最難関校で、出題の可能性はある」と考えます。

これは、全然分からないよ

という方は、今後ご紹介する話をご理解いただければ良いでしょう。

グラフを理解しよう

この問題のポイントは、グラフの概形を描くだけではなく、「なぜその形になったのか」の理由を書くことです。

算数・理科において、「理由」は非常に大事なことです。

グラフを描く機会は、小学校では少ないと思います。

理科の実験問題でグラフが出てきたら、「グラフを理解」する大事さの話をしました。

また、これまで「寄り道」と(4)で、三角形FCHの面積の何箇所かでの面積(割合)を考えました。

それを参考に、

こんな感じかしら

こんな感じに
なるのかなあ

あまり難しく考えず、気軽に考えてみてください。

目次
閉じる