MENU

実験問題攻略法 7〜グラフに実験の状況を描きこもう 2〜|中学受験の理科

前回は「理科の実験問題攻略法 6〜グラフに実験の状況を描きこもう〜」でした。

開成中学校の2019年理科の問題4です。

今回は問5を考えてみましょう。

f:id:Yoshitaka77:20211218073528j:plain
f:id:Yoshitaka77:20211218073600j:plain

長い棒の端を熱して、600℃にしたら加熱をやめました。

金属は熱を伝えますから、加熱をやめたら加熱していた部分の温度は下がってゆきます。

この問題の場合は、右の方に熱が移って行きますね。

問題文を読みながら、実際に自分が目の前で「棒に加熱している」イメージを考えてみましょう。

1秒〜5秒後の熱のグラフが出ていますから、上記のイメージを考えると、すぐに1秒〜5秒後のグラフがどれか分かります。

下記のように、「どの曲線が何秒後を表すか」を書き込んでみましょう。

「1秒後」・・・と書いてもいいのですが、時間もかかりますので、こういう時は①など簡単な記号にしましょう。

これは自分がわかれば良いので、自分の好きなようにして下さい。

温度が下がりますから、グラフに↓を描いてみると「(加熱していた)左端は温度が下がってゆく」と明確にイメージできるでしょう。

f:id:Yoshitaka77:20211218073930j:plain

グラフで右の方、左端からの距離に従って、「何秒後の曲線」の上下関係が変わってゆきます。

これは、「加熱していなかった」右側の方へ熱が徐々に伝わってゆき、温度が上がるからですね。

f:id:Yoshitaka77:20210923093025j:plain

こういうことも考えながら、グラフに描きましょう。

問5では1秒後が問題ですから、このグラフの①を追いましょう。

途中で曲線が交錯していますから、1秒後=①の曲線を左から(左端からの距離0から)追ってゆくと、途中で違う曲線に行ってしまうかもしれません。

こういう「曲線や直線の上下関係が変わるとき」は変わった後の上下関係を考えた上で、「どの曲線・直線か」を考えましょう。

左端からの距離0,2mの位置ですから、①の曲線の該当する部分の数字を読むと、答えが分かります。

1秒後のみが問題で「他の2~5秒後は関係ない」ですから、上記のように②以降の数字は書かなくても良いです。

書かなくても良いですが、全体を把握すると実験の内容がきちんと理解できるので、解きやすくなるでしょう。

目次
閉じる