MENU

分かることはハッキリ表現 1|中学受験の算数

前回は「試験本番で大事なこと〜算数は一生懸命考えた痕跡を表現して、合格へ近づこう〜」の話でした。

算数実践62で、「大体のグラフの形」を考えました。

今回は、(1)(2)の寄り道で考えた「二つの点の面積」が小問、誘導問題として掲載されているとします。

そして、最後に「グラフの形を描いてください」という問題だと仮定します。

残り時間が少ない時、

面積(76,84)を求めて、
グラフを描く時間がない!

そういう時は、特に記述式の場合、どちらかだけでも「分かっていることは表現する」ことが大事です。

面積が先ですから、「面積は一つでも、途中まででも一生懸命やる!」のが、まず一つの方法です。

面積は計算に時間かかりそうだけど、
グラフの大体の形は分かりそう。

と考えた時。

そういう時は、面積の問題を飛ばして、最後のグラフの問題に取り組んで、分かるところまで表現しましょう。

勝手に問題飛ばしたら、
Xになるんじゃないの・・・

「答えのみ」でも「記述式」でも、先の問題をやっても、問題ないはずです。

学校や採点者の考え方では、「X、あるいは減点」の可能性はあります。

独自のカラーを持つ学校は、このように「問題飛ばして先をやったらX、減点」は絶対にないと考えます。

問題文に「問題は順序通りやらなければ、Xか減点します」と明記されていれば別です。

そういう記載は、ないことが多いでしょう。

基本的に大問の構成は、「小問の順序通り取り組むのが、解きやすい」構成になっています。

時々、ちょっと分かりにくい誘導形式の小問もあります。

僕の考え方と、ちょっと
違う時があるよ

(3)は分からないけど、
(4)は分かりそうな時があるよ。

そういう時は、(3)を飛ばして、(4)をやりましょう。

状況にもよりますが、「分かること」は明確に書いてゆきましょう。

自分なりに自信持って分かることは、問題の順序に関係なく、しっかり解答してゆきましょう。

「自分の分かることをハッキリ表現する」ことが、合格への道です。

目次
閉じる