MENU

志望校が受験生に対して考えていること〜合格への道を切り開こう!〜|中学受験

前回は「中学受験の出題者・採点者が考えていること〜合格力をつけよう!〜2」の話でした。

それぞれの学校は「何らかの特殊な才能が認められそうだ」や「点数がやや足りないが、自分の学校に入りたい熱意を感じる」「当校の校風に非常に適合する人材でありそうだ」という子供に「ぜひ当校に入学して欲しい」と考えるでしょう。

f:id:Yoshitaka77:20211125164315j:plain

模試ではこのような発想はなく、「単純合算」でしか成績及び順位を決めるしかありません。

一方で、本番の受験においては「その学校ならでは」の点数のつけ方があるかも知れません。

それは、模試と入試の役割の「大きな違い」から起因します。

模試は「試験本番のトレーニング」という側面もありますが、受験する生徒の「学力を測り、受験者の中の現在の立ち位置を明らかにする」です。

対して、入試は「学校が望む学力を持ち、将来大きく成長する可能性の高い生徒を合格とする」です。

例えば、親御様が入社試験の面接担当者・人事担当者だとします。

K大学のA,Bくんが面接に来ました。

ある会社の面接

Aくん:成績優秀で真面目そう。当社をあまり詳しく知らなく、熱意はまあまあ。

Bさん:Aさんより成績が劣るものの、当社をよく調べていて、大いなる熱意あり。

採用人数に余裕があれば、両者採用かもしれませんが、AかBどちらかを選ぶとしたら、やはりBを採用したくなりませんか。

能力は高い方が良いのですが、長期的な視点で成果を出すのは、熱意がある人であることが多いです。

中学入試において「能力を測る」といっても、小学生は小学生です。

その子が将来どのように成長するのかは、「テストでは分からない」のが実情でもあります。

その時、「熱意がある」「一生懸命さがある」子供は「テストができる」とは別にどの学校も欲しいはずです。

学校によっては、入試において「学校の校風・カラーに適合する考え方を持つ生徒・人材を合格とし、入学して欲しい」が加わるのではないでしょうか。

志望する学校のことをよく知って、心から「その学校へ行きたい」のでありましたら、その気持ちを強く持って、学力を充実させましょう!

その「合格したい気持ち」は試験当日に強く・強く持って臨み、「合格・入学への強い気持ち」を答案用紙にぶつけて、思い切って表現してみましょう!

そして、一歩でも合格に近づいてみましょう!

目次
閉じる