MENU

「合格を目指す」と「偏差値を上げる」こと 2|中学受験

前回は「『合格を目指す』と『偏差値を上げる』こと 1」の話でした。

下記記事に関する話です。

この内容は「偏差値28から受験に合格した人のメソッドを真似れば、偏差値が上がる」ように感じられてしまいます。

合格するのは「志望校のレベル」にもよりますが、なかなか一気に学力を上げるのは難しいのが事実です。

学力を上げる勉強の仕方は算数・理科・社会(歴史)に関しては、個別にご紹介しています。

f:id:Yoshitaka77:20220315063609j:plain

様々な情報が溢れていて、「偏差値35から・・・・・」とかの本や記事を読むと、「うちの息子(娘)も真似をすればグーッと偏差値が上がるかも」と誤解してしまうかもしれません。

親御様のお気持ちとしてはよくわかりますが、「グーッと短期間で上がる」のは、なかなかありません。

基本的に「暗記などを上手く覚えたら、暗記問題は分かるようになって、点数も少し上がる」などです。

例外的に算数では「グーッと上がる」時期が来ることがあります。

それは「潜在的に上昇していた学力が、様々な点と点がつながって伸びる」ことで、「短期間で、効率良く」ということではありません。

難関校〜の応用問題は「一気に上げる」は事実上不可能ですから、塾の先生の教え方や参考書などの考え方が好きでしたら、その教わったことをきちんと習得して「自分のもの」にしましょう。

あるいは、本記事でご紹介している「中学への算数」の考え方も非常にオススメですから、記事をご参考に手を動かしてみましょう。

考え方を習得して「自分で出来るようになる」ことを明確に意識しましょう。

「ひたすら手を動かして描く」のではなく「考えながら」「理解しながら」手を動かしましょう。

遠回りに感じるかも知れませんが、この勉強は非常に大事で、結局は近道です。

やっているうちに理解が早くなって、学力が上がりますから、慌てずに少しずつ・着実にやってみましょう。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる