MENU

手を動かして復習!〜計算ミスをなくそう〜|中学受験の算数

前回は「少しでも得意にして、入試当日に得点を高めよう!」でした。

試験形式が「答えだけ」でも「記述式」でも手を動かして、紙に書いて問題を解いたり、復習しましょう。

ノートに書いてもいいですし、コピー用紙でも、どんどん書いてみましょう。

f:id:Yoshitaka77:20211203135122j:plain

字は綺麗な方が良いですが、時間が限られている以上、あまり綺麗さにこだわらないようにしましょう。

記述式でも「ある程度判読できるレベル」であれば大丈夫です。

計算も「ここからは大丈夫」と途中で止めないで、きちんと最後まで立式・計算もしましょう。

字は綺麗でなくても良いですが、「自分で見間違える」ことはないようにしましょう。

例えば、急いで書いていて「0と6を見間違える」ことはあります。

大人でも葉書の郵便番号を書いて、「0と6が読み取れるかな」と思うこともあります。

計算中に、自分で書いた字を間違えないようにしましょう。

書く速さは早めで、字は綺麗でなくてもいいですが、自分は読めるように。

そして時間を気にして急ぎながらも、着実に進めましょう。

試験場で慌てないように、事前にイメージしてトレーニングしておきましょう。

その気持ちで合格へ近づきましょう!

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる