合格のコツ〜「絶対に合格!」と強い気持ちを持つ〜|中学受験

前回は「試験当日への準備〜合格へ〜」でした。

僕の場合、第一志望校の武蔵中学校は「母親が決めた学校」でした。

6年生からは武蔵中学に憧れを持っていて、行きたくて、行きたくて仕方ありませんでした。

武蔵のことを、ずっと考えていました。

絶対に武蔵に合格したい!
入りたい!

歴史好きな僕は、第二次世界大戦の際の日本海軍 連合艦隊の旗艦・戦艦大和の二番艦が武蔵であることを知っていました。

ですから子供心に「武蔵」という名前がカッコよく感じられて、「武蔵」「武蔵」と勝手に考えていたのです。

子ども自身が、僕のように勝手に

いい名前だ!

と思い込めれば良いです。

子どもが思わないようでしたら、志望校が

とっても良い
名前じゃない。

と親からお話ししてあげたらいかがでしょうか。

f:id:Yoshitaka77:20220207062643j:plain

例えば、ご質問を頂きました「海城中学校」。

海城も面白い人間が多いのですが「海の城」です。

男の子としてはロマンを感じますね。

あるいは女子学院。

名前自体が優雅で「女のらしい」雰囲気を持っています。

それぞれの学校の名前の由来はあるでしょう。

自分の良いように考えても良いと思いますし、それは「良いイメージ」につながります。

実は、僕の「戦艦武蔵」というのは、武蔵中学の名前の由来としては間違いでした。

武蔵中学は昔の東京周辺の国の名前であった「武蔵国」からきています。

間違いだったのですが、自分にとって良いイメージなら良いのです。

入学してから、僕の個性と武蔵の校風・カラーは合っていたようで、すぐにそのカラーに染まっていきました。

40過ぎた今でもその「武蔵カラー」に染まっていて、これは一生続くのでしょう。

中高一貫校の校風・カラーに対する反応は、お子様次第で千差万別でしょう。

中学・高校の教育は「良い大学に受かる為のつなぎの機関」ではないと考えます。

中学・高校は、お子様の成長にかけがえの無い影響を与えます。

学力や人間関係はもちろん、将来の人格・考え方などに大変大きな影響を与えます。

各中学校の偏差値や大学進学実績だけではなく、ぜひもう一度学校の雰囲気・校風を考えてみましょう。

そして、お子様と学校のイメージを考えてみるのは良い事だと思います。

僕は「武蔵にどうしても行きたかった」のですが、本人が強い意思を持ったテンションになると一番良いでしょう。

僕は運良く合格しましたが、それはこの「強い気持ちとハイテンション」が功を奏したとも言えます。

子ども・ご両親、皆様が将来幸せな思いを抱けるようになるのが望ましいです。

志望校の雰囲気や校風、その学校が「何を目指しているのか」をもう一度考えてみてはいかがでしょうか。

そして、お子様が

僕と合うかも。

と感じるようでしたら、親子共々

あの学校はこの子に
ピッタリ!」

と確信して、あとは合格に向けて突き進んでゆきましょう。

志望校に合格することを心より願っております。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次