MENU

Wグループ中学志望のお子様へ 3|中学への算数4月号

前回は「Wグループ中学志望のお子様へ 2」の話でした。

Wグループ中学志望のお子様向けに良い問題をご紹介します。

「日々の演習」P18〜

「日々の演習」は、自分が好きな順ににやってみましょう。

4月25日

カードを入れ替える問題で、ゲームみたいで面白いです。

トランプをイメージしながら、あれこれ自分で描いてみて「このカードが・・・・・」と考えてみましょう。

この問題をしっかりと理解しましょう。

似たような「あるゲームをする問題」が解けるようになります。

解答を読んで「ああ、そうか。」と思うだけではなく、「本当?」と思いながら、自分で色々と試行錯誤してみましょう。

解答が分かりにくいようでしたら、カードが4枚の時、6枚の時など具体的にコピー用紙や厚紙を切ってカードを作成してみるのも良いでしょう。

4月26日

周期性の問題で、移動する状況を描きましょう。

自分で正六角形を描いてみて、移動する点Pを動かしてみましょう。

こういう「図形問題ではない」問題の正六角形等の図形は「だいたいの形」で良いので、「ちょっと正六角形っぽくないな」と感じても、どんどん描くようにしましょう。

図形問題の場合、「正六角形」や「平行四辺形」などの特徴的な図形は、その特徴が「解く鍵」となりますから、出来るだけ正確に描くようにしましょう。

この問題にしても、図形問題にしても、「図形をきれいに描けない」お子様も「どんどん描く」ようにしましょう。

だんだん慣れてきて、「少しずつコツがつかめて綺麗に描ける」ようになります。

「きれいに描けない」から「自分で描かないで、分かったつもりになる」のは避けましょう。

余白の関係で誌面では、最小限の図しかありませんが、自分で「こっちに行ったらこうなって・・・」と色々とシミュレーションしてみましょう。

こういう問題は数をこなすよりも「一題一題きちんと理解する」ことが大事です。

f:id:Yoshitaka77:20211206142108j:plain

p52渋谷教育学園幕張中

少しレベルが高いですが、面白い問題で様々な要素を含みます。

ロウソクの絵を描いてみて、「溶けると、だんだん短くなって・・・・」とイメージを膨らませましょう。

理科実験のような問題で、答えを読むと「ふむふむ」と思うかもしれません。

自分できちんと系統だててグラフを描くのは、難しいです。

しっかりと自分でグラフを描いてみて、考えてみましょう。

(1)では、「〜ですから、一番短いロウソクは・・・」と説明ありますが、自分で考えられるパターンのグラフを描いてみましょう。

ロウソクA,B,Cそれぞれが「一番短い時」はどうなるかな?と、簡単にグラフを描いてみましょう。

「理屈で分かること」も大事ですが、「きちんとグラフが描ける」ことが大事です。

日頃の勉強で手で描く練習をきちんと行っていると、そのうち「グラフが頭にパッと描ける」ようになります。

この問題をよく理解すると、算数・理科実験の応用問題に対する学力が上がります。

算数・理科両方の勉強になる、一石二鳥の問題です。

せっかくのいい機会ですから、自分で色々とグラフを色々書いてみましょう。

「グラフを見て理解する」のと「自分でグラフを描いて理解する」のでは全く理解の深さが異なります。

非常に良い問題ですから、マークしておいて、しばらくしたらまたやってみましょう。

次回は、少し上のランクの学校を狙えるような問題をご紹介します。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる