MENU

Wグループ中学志望のお子様へ 1|中学への算数4月号

前回は「Gグループ中学志望のお子様へ 1」の話でした。

今回は、Wグループ中学志望のお子様向けに良問をご紹介します。

どれも良い問題ですが、下記問題はぜひ取り組んでみてください。

P8 計算問題2

計算の考え方をきっちり押さえましょう。

「もう分かっているよ」という方以外は、地道に計算式を「飛ばさずに」書いてみて、「なるほど!」と自分で納得するようにしましょう。

計算問題4

普通に計算しても良いですが、考え方を学びましょう。

「数字がどのように出てくるか」の規則性を考えることは大事です。

P10 文章題7(1)~(3)

基本的な問題ですが、確実にできるようにしましょう。

分かっていても、面倒がらずにきちんと棒グラフに表現してみましょう。

「全体を見る」ような視点を持てると、様々な問題に対応できる力が養成されます。

文章題8

平均の考え方は、面積か棒グラフにすると良いです。

面積の考え方を絵を描いて、しっかり学びましょう。

「日々の演習」P18〜

「日々の演習」は、自分が好きな順ににやってみましょう。

4月1日

算数としては易しいですが、「状況をきっちり把握する」ことが大事です。

A君たちが並ぶ様子を思い浮かべながら考えましょう。

f:id:Yoshitaka77:20211206142108j:plain

4月5日

図形の角度の問題ですが、高度な問題です。

パズルみたいな問題ですが、解答を読むときは、自分で図形全体描いてみて、理解しながら考えてみましょう。

角度の基本問題を復習しながら取り組むと、効果が高いでしょう。

4月7日

食塩水の問題で、(3)は本質的で面白いです。

問題文冒頭が少し分かりにくいので、「あれ?」と思ったら、解答の一番最初を読んで、取り組んでみましょう。

食塩水の問題は、食塩の量を地道に押さえてゆくのも良いですが、てんびん算はしっかり理解しておきましょう。

実は算数は「最も基礎力が大事」な科目です。

来年に向けて、今は「基礎力をしっかり身につける」ことが大事です。

これは受験校によらないでことですが、解答を目で追って「分かったつもり」にならずに、図や絵を描いてみましょう。

「自分なり」に描いてみることが大事です。

4月号は次回続きます。

目次
閉じる