MENU

Eグループ中学志望のお子様へ 9|中学への算数6月号

前回は「Eグループ中学志望のお子様へ 8」の話でした。

グループは、こちらを参照して下さい。

6月号も盛り沢山で、立体図形は難しいですが、少しずつ出来るようになりましょう。

目次

P16問題4

円すいが沢山出てきて、「分かりやすい立体」ですが、きちんと考えるのが難しい問題。

どうなってるんだろう・・・

こういう「簡単だけど、複雑な立体」は、解答のような「斜め上から見た図」が大事です。

こういう図は「描かれているのを理解する」のは簡単ですが、「自分で描く」のは難しいです。

どうやったら描けるようになるの?

解答の図で、点線がポイントですね。

これらの点線は、「ある面に垂直」「図形と図形の交点・変わるところ」を押さえていることに注意しましょう。

また、解答には図がありませんが、「真上から見た図」や「真横から見た図」を考えてみると良いでしょう。

あるいは、「縦に切ってみる」や「横に切ってみる」など断面を考えると良いでしょう。

以前、「立体は豆腐を切ってみる」話をしました。

直方体の問題なら「豆腐を切る」で良いのですが、このように「円すい」が出てくると、このような立体が身近にないです。

身近にないから「イメージしにくい」のです。

立体が苦手な方は、直方体を切った時の形状を「切ってみて」理解してみましょう。

こういう立体形状は、大学生でも「ハッキリ理解する」のは難しいので、少しずつ理解しましょう。

日々の演習

6月3日

この問題は、なかなか難しいです。

出題者は、楽しみながら作っているんでしょう。

図形問題の思考力を試す問題としては、面白いです。

「中点」と「同じ長さの辺」をどう考えるか?の良い勉強になるでしょう。

解答では鮮やかに解いていますが、他にも補助線を試してみましょう。

自分で補助線引いてみたけど、うまくいくかな・・・

上手くいかないこともありますが、自分で描くと、少しずつ感覚がつかめるようになります。

6月6日

シンプルですが、難しい。

こう言う条件設定がシンプルな問題は、非常に良いです。

出題者の方の数学的センスを感じます。

自分で色々と補助線引いてみて考えてみましょう。

補助線は「平行」と「垂直」を考えると良いことが多いです。

目次
閉じる