MENU

Eグループ中学志望のお子様へ 4|中学への算数4月号

前回は「Eグループ中学志望のお子様へ 3」の話でした。

引き続き、Eグループ中学受験生向けに良い問題をご紹介します。

p56灘中

第一日6

累乗計算があり、小学生には難しいと思います。

累乗計算は実際に3x3x3・・・などと書いてみれば、「ああ、そういうことかな」と分かる様になるでしょう。

「累乗はこう考える」よりも、実際に書いてみれば、「考え方」がよく分かります。

こういう試行錯誤はノートに綺麗に描かなくても、コピー用紙のような紙にどんどん書いてみましょう。

「綺麗に書こう」「綺麗にノートを作ろう」とは思わずに、どんどん書いてみることが大事です。

第一日12

シンプルですが、難しい。

立体図形を的確に把握しなければならず、「簡単そうで難しい」のです。

分からなかったら、解答の図形を見るだけではなく、自分で描きましょう。

「立体図形はうまく描くのが難しい・・・・・」というお子様もいると思いますが、上手くなくても良いですから、立体的に描いてみましょう。

描いているうちに、コツが掴めてきて上手くなってきます。

そして、描いているうちに、立体図形のポイントが頭に入ってきます。

かっこよく、綺麗にかけた方が良いのは事実ですが、算数は絵の試験ではありませんから、算数が分かれば良いのです。

「こうかな。あれ?」みたいな感じで、色々と描いているうちに「自分で分かること」があります。

それを大事にしましょう。

f:id:Yoshitaka77:20220107103028j:plain

p62洛南高校附中

典型的な立体問題ですが、深いです。

曖昧ではなく、「立方体をきちんと理解できている」ことを問われています。

立方体は非常に特殊な図形で、「分かりやすい」ので問題がつくりやすいです。

「分かりやすい」のですが、その切断面等は「なかなか分かりにくい」のが面白いところです。

方眼紙を使っても良いですし、紙に立方体を描いてみて、「ここをこう切ったら、どうなるかな?」とか考えてみましょう。

描いてみて、「こうなるかな?」と考えるのが大事です。

まだ時間に余裕がありますから、親御様が豆腐などで切って見せるのも良いでしょう。

平面図形と異なり、立方体は大人でもなかなかイメージしにくいです。

最初は「よく分からない」というお子様も多いでしょう。

問題集の解答の図を読んで「分かった気になる」のではなく、「自分で描いてみて、考えてみて理解する」をやってみましょう。

たくさん問題解くよりも、この問題をしっかり習得しましょう。

目次
閉じる