ゾイドを作ろう 6〜動きを見てみよう〜|小供の教育

前回は「ゾイドを作ろう 5〜考えてみよう〜」の話でした。

少し難しかった「顎の部分」が出来て、次に進みます。

骨格がだいぶ出来上がってきました。

これから、足などを作成してゆきます。

出来てきたね。

少し動かしてみよう。

説明書(復元書)では、足を作成したあたりで「一度動作確認」があります。

せっかくの機会なので、作成しながら時々「動作確認して、動きを見てみる」のが大事だと思います。

接着剤を用いないで、キャップで止めるゾイド。

「後から分解して、中の動きを確認する」ことも出来ます。

しかし、壊れない限り、なかなか「分解しよう」とは思いません。

そこで、作成のプロセスで、「モーターからどのように動きが伝わってゆくか」を見るのが大事だと思います。

一番最初に、コアとも言えるモーターに電池を入れて、キャップしました。

本当は、このコアが「もう出来ているパーツ」ではなく、この部分も作成するのが望ましいです。

大人は大体予想できますが、モーターは基本的に一つのギアしか回しません。

このパーツの内部のギアで、モーターの回転がギアで接続して、異なる回転になっています。

動かしてみるね。

スイッチ押してみて。

あ、動くね。

まだ足などがつながっていないので、回転するのは「足がつく部分の軸」などです。

この回転している
黒い棒があるでしょ。

「軸」というのは、子どもには難しそうなので、出来るだけ「簡単な表現」にしましょう。

ここでは「黒い棒」と呼びました。

うん。

この棒に
これから足などをつけてゆくよ。

そうなんだ。

すると、
どうなると思う?

足が動くね。

子どもは楽しそうに、一気に足をくみ上げてゆきました。

パーツも大きく、「軸(棒)としっかり噛み合わせる」ことをやれば、難しいことではありません。

足がついたね。

スイッチ入れてみよう。

あ、足が動く。

こうして、先ほど「軸(棒)が動くから、足が動く」ということがわかります。

大人は「見ていれば分かる」ことですが、子どもは、なかなかそうもいきません。

何事も経験が大事だと思います。

実際に「自分の手で作ってみた」経験が、本質的な理解につながると考えます。

算数や理科の学びにおいても、同様なことが言えると思います。

実際に、自分の手で描いて、考えてみる。

そして、「答えをすぐに求める」のではなく、プロセスをしっかり理解することが大事です。

これは「遠回り」に感じてしまうことかも知れません。

特に、中学〜大学受験においては、直前期に入ったとも言える今、「やる問題数」にこだわってしまいます。

「一つ一つしっかりと」が「遠回りに見えて、実は近道」です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次