ゾイドを作ろう 4〜仕組みを理解しよう〜|小供の教育

前回は「ゾイドを作ろう 3〜仕組みを考えよう〜」の話でした。

組み上がってきて、大体の形ができてきました。

出来てきたね。

色々な角度から見てみよう。

うん。

これから、頭・手・足などのパーツを組み立ててゆきます。

子どもは「早く先に進みたい」と思っていると思いますが、折角だから「仕組み」を理解してもらいましょう。

このオレンジ・黒の棒に、
これから手・足を取り付けるよ。

ふ〜ん。
なぜ、ここに棒があるんだろうね。

この棒が「軸」となって、足や手が動くのです。

最初に作成したゾイドの「心臓部」とも言えるモーターのパーツ。

モーターは、一箇所でグルグル回ります。

その「回る部分」に様々なギアがついていて、様々なパーツが動きます。

手・足のパーツを組み立ててゆきます。

こうかな?

パーツを穴に差し込むのは、一箇所だと比較的簡単です。

差し込み口が二箇所になると、立体的に組み上げることになるので、少し難しくなります。

先にこちらを入れて・・・

次に、こっちを
入れるようにしよう。

「パチン」と二箇所の穴にはまりました。

出来た。

出来たね。

慣れるとすぐに出来る、この「二箇所にはめる」パーツ。

最初は、「どことどこに入るか」をしっかり把握することが大事です。

そして「一度に二箇所に入れる」のではなく、「一箇所を入れてから、二箇所目」を入れると良いでしょう。

これは、「二つの図形・点が動く」算数の問題にも共通していることです。

「一度にまとめて考える」と難しくなります。

「少しずつ分けて考える」のも良いですし、「変わらないモノに着目」するのが良いでしょう。

そして、相対的位置を考えるとわかりやすくなります。

少しずつパーツが組み上がってきました。

このゾイドのように、「一つのモーターが様々なギアと関わって、全体が動く」のは面白いです。

身近な車や電車なども、同じような仕組みになっています。

算数や理科においては、「基礎をしっかり固めて、応用力をつける」のが最も本質的で、学力が上がります。

そして、「一つのモーターが・・・」と同じように、「一題解くと、色々な問題が解ける」のが理想だと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次