ゾイドを作ろう 3〜仕組みを考えよう〜|小供の教育

前回は「ゾイドを作ろう 2〜モーターを見よう〜」の話でした。

モーターのある駆動部分に、電池を入れました。

ネジで、
止めてみて。

以前は、僕がドライバーは使っていましたが、プラスドライバーで回してもらいます。

出来たよ。

いいね。

どうやら、このパーツがゾイドの基礎となっています。

そして、これに様々なパーツを付けてゆくようです。

説明書読んで、
作ってみよう。

両側に大きなパーツを付けて、胴体が出来ました。

まだまだ第一歩ですが、この胴体に頭や足を付けてゆくことになります。

先に進みたいですが、ちょっと子どもに考えてもらいましょう。

モーターは、ここに
なったね。

ここに、出っぱった
部分があるね。

上の写真、左上にギアが出っぱっています。

これは、なんだと
思う?

なんだろう?

「なぜ?」「何?」と、自発的に考えてくれると良いですが、なかなかそうもいきません。

やはり、子どもには親か学校の先生が、きっかけを与えることが大事でしょう。

これはギアと言ってね。

モーターが動くと、
これが回るんだよ。

ふ〜ん。

このオレンジの棒も、
モーターで回るんだよ。

モーターって、
色々やるんだね。

モーターは、ギアで様々な役割をします。

それもまた、別の機会で体験してほしいと思います。

パーツの組み立てが進みます。

出来てきたね。

接着剤が不要で、パーツの切り離しも不要なゾイドは、とても作成しやすいです。

よく見てみて。

うん。

スイッチ入れてみて。

説明書では、まだ動かしませんが、スイッチを入れてみます。

動くね。

面白いね。

おもちゃは「ただ遊ぶ」のではなく、「面白い」と感じてもらうといいですね。

「ちょっとしたおもちゃ」や「ちょっとした実験」の一つ一つが、子どもの成長につながるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次