山崎直子 9~習い事〜|幼少期

前回は「山崎直子 8~放任主義〜」の話でした。

宇宙飛行士 山崎 直子(Wikipedia)
目次

読書と習い事

放任主義の親の元、スクスク育った山崎氏。

読書が大好きな山崎少女は、積極的に読書して、世界を広げてゆきます。

小さい頃に、お箏を習いごとにして、その後、小学生の間には習字・ピアノ・水泳を習いました。

結構多いですね。

今の子ども達の習い事の環境と、当時の子ども達の環境は少し違うかもしれません。

水泳を習う子どもは、多いでしょう。

適度な運動になり、早く水になれることの出来る水泳は、とても大事だと思います。

家にはオルガンがあって、
練習しました。

僕は小学校の時、ピアノと水泳を習い事にしていて、中学受験を見据え、いずれも小学校5年生でやめました。

三つも習い事をしていた山崎少女は、それらの実力を上げると同時に、「勤勉さ」も身に付けたのでしょう。

この良い意味の「勤勉さ」は、のちに勉学に励んで、宇宙飛行士となった素地となったでしょう。

習い事と塾

中学受験をする方は、「小学校一年生から塾へ通う」方も多いと聞きます。

本質的な考え方では、塾へ行って勉強するよりも、習い事の方が望ましいでしょう。

それは、習い事をすることは、様々な技能を身につけることに繋がり、視野が広くなるからです。

そして、様々な習い事の背景には、文化が潜んでいます。

習字を習えば日本の文化を、ピアノを習えば西欧の文化を、体感するでしょう。

それは、「言葉で知ること」よりも大事かもしれません。

「習い事と塾の両方」をしている、子どももいるでしょう。

考え方は様々ですが、「とにかくペーパーテスト」という思考は、「子どもの可能性」を摘み取るかもしれません。

学びへの姿勢と成長

「早く塾へ通う」ことに対しては、様々な考えがあり、それぞれの親の考えとなります。

そもそも「中学受験」に対しても、様々な考え方があり、正解はないのでしょう。

僕が小学生の頃、水泳・体育をやっている子どもは多かったです。

ピアノも結構たくさんいて、僕と一緒に中学受験した女の子も、たくさんの方が習っていました。

音楽の時間などでは、その方達の上手な演奏に

上手だな。

と感心したものです。

その子達は、割合早めに塾へ通っていて、おそらく小学校4年生くらいから本格的に行っていました。

今の時代なら、入塾時期として「遅いくらい」かもしれません。

いずれにしても、「受験の合格」が目的ではなく、将来の成長を目的とする教育が望ましいでしょう。

その意味において、山崎少女の「多数の習い事+読書」は、一種の「理想的教育」だったのでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次