MENU

山口多聞①〜開成の永遠に輝く星〜|威人紀行

前回は「西郷隆盛①〜個性と精神育んだ郷中教育〜」の話でした。

今回は第二次世界大戦における日本海軍軍人(将軍) 山口多聞をご紹介します。

山口多聞(Wikipedia)
目次

日本海軍の希望の星

山口多聞の珍しい「多聞」(たもん)という名前。

ピンときた方がいらっしゃるかもしれません。

この名前は楠木正成の幼名「多聞丸」にちなんだ名前です。

楠木正成(Wikipedia)

「大楠公のように優れた人物になって欲しい」という親の気持ちが込められています。

南北朝時代に智略のかぎりを尽くして、足利尊氏の大軍と戦い、最後は敗北・自刃した楠木正成。

極めて優れた武将であり、その高潔な精神は極めて高く評価されており、皇居にも大きな銅像が建っています。

この「多聞丸にあやかれ」という名前の山口多聞は、その名前に恥じず、極めて優れた将軍となりました。

日本海軍といえば、山本五十六連合艦隊司令長官ですが、歴史好きの間で「好きな海軍軍人」あるいは「優れた海軍軍人」で投票を行えば、ベスト3に入ることは間違いありません。

陸海軍で投票しても、ベスト3に入る可能性が高い存在です。

僕も山口多聞(少将・中将)は非常に高く評価しており、「戦略・戦術的才能」は山本五十六(大将・元帥)を上回った人物と考えております。

優れた頭脳

小さな頃から頭脳明晰だった山口多聞。

海軍軍人養成学校=海軍兵学校に入学し、海兵40期を次席卒業します。

当時も東大などの帝国大学がありましたが、文字通り「お国に尽くす」陸軍・海軍の学校は、日本全国からエリートが集まり、「入学するのは東大よりも難しかった」とも言えるでしょう。

写真では優しそうな山口多聞ですが、非常な熱血漢でした。

さらに海軍大学校に進み、ここも次席卒業します。

エリート街道まっしぐらの山口多聞は、早い時期に航空母艦による「航空戦」の将来を予期します。

そして、航空戦を強力に推進する山本五十六とは「同志」とも言える存在となり、米英との軍縮条約協議なども同行し、大活躍しました。

山本五十六(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

開成の永遠に輝く星

実は、山口多聞は開成中学卒業です。

「開学以来の優れた頭脳」と開成で呼ばれた山口多聞。

開成→海軍兵学校→海軍大学校を、全て抜群の成績で通します。

「学校での成績が良い」ことは、必ずしも「能力が高い」ことではありません。

見方によっては、「言われた事・学んだ事を理解する能力に長けている」事を示すに過ぎないとも言えます。

山口は「理解力に非常に長けている」だけではなく、日本海軍で「山口独自の才能」を開花させます。

「山口多聞を、開成の方はご存知かな?」と思い、開成卒の親友に聞いてみました。

山口多聞(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

歴史に非常に詳しい彼は「山口多聞は知っているが、開成卒とは知らなかった」とのことでした。

「開成では優れた卒業生の一人として教えているのかも」と思いましたが、そうではありませんでした。

僕(武蔵卒)は開成が羨ましい。

麻布・武蔵などの出身者にも、優れた軍人はいるかもしれません。

山口多聞と比較しては、たいていの方は「遥かに見劣りがする存在」となります。

質実剛健な開成の教育

開成出身は、質実剛健で、良い意味で「真面目」な方が多い。

僕はそういう開成出身者が好きです。

開成は昔から運動会が有名で、「棒倒し」で熾烈な争いをすることを僕は中高生の頃に聞いていました。

普通の学校の体育祭・運動会はそこまで燃えませんから、「すごいな」と思いました。

「頭脳だけではなく、身体がともなってこそ」という開成の幅広い教育理念が込められています。

「優しそうな表情」の山口は、大変な大食漢で行動力も際立っていました。

まさに「開成の良いところを全て集めた」かのような山口多聞。

「開成の教育理念の鏡」であり、「開成の永遠に輝く星」と言って良いでしょう。

開成卒の方には、ぜひこの機会に「開成卒の山口多聞」を知って頂き、誇りに思って欲しいです。

そして、開成中学志望の中学受験生の君は、「僕には超優れた山口多聞がついている」と考えましょう。

合格の可能性が大きく上がるでしょう。

次回は、山口の若き日々から考えてゆきます。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる