MENU

西郷隆盛①〜個性と精神育んだ郷中教育〜|威人紀行

前回は「威人から学ぶこと 3」の話でした。

今回は西郷隆盛を考えてみましょう。

西郷隆盛(国立国会図書館)
目次

才能とは?

「非常に優れた才能を持つ」人物である西郷隆盛。

幕末維新期の西郷の極めて大きな活躍は「西郷しかできない」ことでした。

優れた人物がキラ星のごとく登場した幕末維新。

同様に、非常に大きな才能を持った人物である「維新の三傑」の他の二人である大久保利通と木戸孝允。

大久保利通(国立国会図書館)

二人とも個性・才能共に際立った存在ですが、個性・才能共に西郷と比較すると霞んでしまう存在です。

木戸孝允(国立国会図書館)

まさに「西郷のみ」とも言える「類まれなる」個性と才能。

そもそも、「維新の三傑」と言っても、西郷の存在は際立った存在で、同格ではありません。

年齢的には、西郷が大久保より3歳上、木戸より6歳上です。

学生時代は1歳の違いでも先輩であり、社会に出ても1,2歳の差はともかく、3歳以上の年齢の違いは大きい。

どう考えても「先輩」として敬う存在となります。

西郷のその類まれなる個性・才能は「持って生まれた天賦の才」とも言えます。

しかし、やはり「育ちの環境」と「教育」そして「人生経験」が「西郷を西郷たらしめた」のでしょう。

若かりし頃の西郷を育てた環境を考える時、薩摩独特の「郷中教育」は極めて大事です。

個性・精神育んだ郷中教育

江戸期から幕末にかけて、各藩には藩校・寺子屋などが教育機関となっていました。

西郷を生み出した薩摩は、一種独特の教育制度を持っていたのです。

当時、薩摩は「郷」という行政単位があり、一種の村のような組織から成り立っていました。

その郷の中で行われていたのが、薩摩藩独特の藩士育成教育法:郷中(ごじゅう)教育です。

各郷には咄相中(はなしあいじゅう)と呼ばれる青少年の団体があり、咄相中は郷中教育の中核となりました。

青少年たちは、下記の二つに分かれました。

二才(にせ):元服(14~15歳)から20歳頃

稚児(ちご):6~8歳頃から元服まで(14歳頃)

これら二才・稚児が加わった異年齢集団が、お互い切磋琢磨したのが郷中教育です。

今の世なら、小学校一年生から20歳頃という大学一・二年生まで十数年間「同一組織」に所属したのです。

これは薩摩らしい強烈な教育で、物心ついた小学校一・二年生が、大学一・二年生と「一緒に学んだ」のです。

これら年齢の隔たりの大きい青少年たちが、親しく胸襟を開いて語り合い、切磋琢磨しました。

そして、大事なポイントは文武修練の自治教育であり、熟考の上、衆議を尽くしたことです。

これは全ての年齢の子供たちに取って、非常に強烈な経験でしょう。

小学校では校庭で1年生〜6年生が一緒に遊びますが、他の学年は関係なく、基本的に「話す関係」にありません。

4年生から部活に入り、5,6年生という「1,2つ上のお兄さん、お姉さん」と一緒に活動しますが、小学生にとって大学生は「お兄さん・お姉さんを超えた存在」でしょう。

当時の日本において、薩摩藩が非常に際立った個性をもつ藩・組織であったことが大事ですが、それもまたこの「際立った教育」あってのことだったのです。

こういう教育環境が、「西郷隆盛を生み出した」とも言えるでしょう。

西郷隆盛(歴史REAL 「西郷隆盛の生涯」)

現代日本の教育

明治に入って「欧米に追いつけ、追い越せ」で、暗記中心の教育となってしまった日本の教育。

衆議を尽くして、子供たちがディスカッションをしていた郷中教育に対して、ディスカッションがほとんどない今の日本の教育。

小学校で課題発表をして「意見を言う」ことはあるでしょうが、そんなに活発ではないのが一般的です。

そして、それはディスカッションというレベルではなく、「ある程度想定された答え」がある「トーク」です。

郷中教育は極端な例ですが、今の教育においても「参考となる面」が非常に多くあると考えます。

次回は、「郷中教育と西郷隆盛」をさらに考えてみましょう。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる