木の知育玩具 2〜手作りで楽しむ工作〜|子供の教育

前回は「木の知育玩具 1〜手作りで楽しむ工作〜」の話でした。

Robotime リボルバー

「対象年齢14歳〜」で難しそうなリボルバーの工作ですが、骨格が見えてきました。

次は
どうするの?

次は、どのパーツか
説明書見てみよう。

これだね。

Robotime リボルバー

アイスを食べた後の「木製棒」が、とても役立ちます。

ちょうど「平べったい形状」なので、この模型の「小さな穴」を開けるにも役立ちます。

木製同士なので、少し力を強く入れても傷がつかないのが、とても良いところです。

上手く
パーツが取れているね。

もう慣れてきたよ。

子どもは楽しそうです。

大人から見たら「当然できる」ことでも、子どもにとっては「初めて」だったり「大変」なことも多いです。

なんでも、「上手くできたら、褒めてあげる」のが子どもには良いように思います。

これ、なかなか
入らないよ。

出来るとこまで、
やってみて。

Robotime リボルバー

上の写真の「凹凸のある小さなパーツ」は、差し込むのに結構力が入ります。

大人でも

ちょっと
硬いな・・・

と感じるほど、差し込むのに力が必要です。

この意味では、「対象年齢14歳〜」というのも頷けます。

中学生程度の力がないと、簡単には入りません。

こういうところは、無理に子どもにやってもらわず、「できるところまで」で良いと思います。

次は、この大きなパーツを
差し込むんだね。

Robotime リボルバー

これは
出来そうだよ。

面が大きいと、力を入れやすいので、子どもでも出来ました。

そうそう。
両側からグッと力を入れて。

なんとか
出来たよ。

Robotime リボルバー

続けて、大きなパーツを重ねて、小さなパーツで止める工程に入ります。

説明書
よく読んでね。

こんな
感じかな。

Robotime リボルバー

形を合わせるところを、
見てみてね。

こうかな?

ここの穴に
パーツを入れるから、重ねるのが分かるね。

ああ、そうか。

このように「重ねて留める」時は「留める位置」を目標にするのがコツです。

「留める穴」が分かると
作りやすいね。

そうだね。

こういうコツは、大きなことではなく「経験知」ですが、こういう事が何事も大事です。

また、小さなパーツで留めることになりますが、子どもの力では無理です。

子どもが力を入れるのに、
良い道具がないかな?

「子どもに出来るだけやって欲しい」ので、考えてみます。

「力を入れる」には、硬いものが良いですが、パーツが小さいので、大きな力がかかりすぎると壊れてしまいます。

小型で平らな面が
ある硬いものは?

こういう「ちょっとしたことに適切な道具」は、身の回りにはなかなかないものです。

あ、あれは
どうだろう?

ふと思いつきました。

タミヤの「楽しい工作シリーズ」で、全ての作品に付属しているドライバーです。

この「楽しい工作シリーズ」は、すでに6個ほど製作したので、同じドライバーも6本あります。

このドライバーはしっかりしているので、捨てるには勿体無いので、とってあります。

これで、
小さなパーツを押してみて。

Robotime リボルバー

こう?

そう。
そこで、小さなパーツを、上からグッと押してみて。

Robotime リボルバー

出来た!

上手く力が入って、子どもの力でもパーツがはまりました。

このタミヤのドライバーは、「底面が平ら」なのが非常に良い点です。

多くのドライバーは、「底面が丸型」が多いですが、デザイン性も良く、使い勝手が良いです。

こういう時も
役立つ、優れモノだね。

他のも
留めてみるね。

Robotime リボルバー

一つできると、コツがわかって、どんどんやってゆきました。

Robotime リボルバー

リボルバー本体から離れて、少し小さなパーツを組み合わせます。

手で「両側から力をかけられる」時は、道具がなくても出来そうです。

Robotime リボルバー

どうやら、指で「リボルバーを引く」ところのパーツのようです。

少し難しそうに見えたリボルバーの工作ですが、最も困難な「力が必要」な点は道具でカバーできました。

これで、あとは説明書をしっかり読んで、丁寧に作れば出来そうです。

こうして「手を動かして何かを作る」と経験知が少しずつ蓄積されてゆきます。

その「経験知」を自分で見つけることが出来ると、なお良いのです。

小さな子どもには「教えてあげる」ことも大事です。

「教える」だけでは、なかなか出来るようにならないので、プラモデルや工作で「手を動かす」のが良いと思います。

本も読んで欲しいですが、「自分の好きな本」ばかり読んでしまうのが子どもです。

工作は、特に男の子は好きな子が多いので、どんどんやるのが教育にもなり、楽しくて良さそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次