MENU

子供と一緒に勉強したり、なんでもやってみよう!|本質的教育

前回は「『解く問題を上手く選ぶ』ことはテストの点数が上がり、本質的思考を深める 」でした。

お子様に勉強させる時、「勉強しなさい!」と指示するだけはしないようにしましょう。

特に小学校低学年のお子様に対しては、親も一緒になってやってみましょう。

お子様が小学校低学年で、ひらがな・漢字・英語のアルファベットや単語を勉強します。

上手くできない時、「それではダメ!」では子供のテンションは下がるだけです。

一緒に書いてみましょう。

算数なら、「どう考えるか」を一緒に考えて、実際に書いてみてあげましょう。

足し算・引き算なら、丸を書いて増減させたり、問題集で出てくるように10のまとまりを一緒に書いてみたり、などです。

子供が中学受験の算数をやっている時、大人が一緒にやったり教えたりするのは、一定の学力が必要ですね。

解き方が分からなかったら、先に答えを読んで、こっそり予習しておきましょう。

それで、子供と一緒に考えてみたり、解いてみるのです。

図形の問題なら「ここに補助線を引くと、三角形が見えてくるね。」と一緒に描いてみましょう。

グラフの問題なら、一緒にグラフを描いてみて「グラフを描く大切さ」を一緒に考えながらやってみましょう。

お子様と一緒に学んだり、勉強するのは、苦労もあります。

それもまた大人にとっては楽しいことで、お子様も充実感あって、よく勉強するのではないでしょうか。

子供と一緒に問題に取り組めば、大人もまた頭の体操になりますから、一石二鳥です。

算数が得意な方でも、不得意な方でも、ぜひお子様と一緒に勉強してみて、やってみて、考えてみて下さい。

お子様の苦労も分かるかもしれません。

そして、ご自分の世界も少し広がるかもしれないですね。

目次
閉じる