MENU

得意なことはドンドン伸ばして、大きな得点源にしよう!|中学受験

前回は「不得意科目は「楽しく」学んで学力を高めよう!」でした。

歴史は「まんが」が最高のテキストです。

「歴史が苦手」な方は、息抜きも含めて「歴史まんが」を読みましょう。

このまんがシリーズはいくつかの出版社が出していて、様々な方がそれぞれ推薦していますが、お子様が好きな絵柄の本を選ぶのが良いです。

「好きな絵」であれば読む気になりますが、「好きでない絵」のまんがは子供は読む気にならないのです。

「ドラゴンボール」みたいな絵が好きな人、「北斗の拳」みたいな絵が好きな人、あるいは「シティーハンター」みたいな絵が好きな人と、「好きな絵・好感が持てる絵」は人によって様々です。(少し、マンガが古いですが)

内容にはそれぞれの特色があるでしょうが、お子様が積極的に読んでくれることが最も大事だと思います。

f:id:Yoshitaka77:20211028120015j:plain

「まんが日本の歴史」はマンガだけではなくコラム等、文章で書かれた部分を飛ばさずにご覧になってみてください。

詳細に読むとかなり詳しく書かれています。

「子供向けの歴史で、この人物まで描かなくていいのでは?」と思うくらいの詳しい内容が記載されている場合もあります。

f:id:Yoshitaka77:20220207062643j:plain

算数や理科も得意・不得意分野ありましたが、「不得意分野」を相手にすることは苦痛です。

不得意分野は「あるライン」を設定して、「あるラインを下回らない程度」に固めて、得意分野を伸ばすのが良いでしょう。

得意科目や得意分野を中心にして、その合間に苦手科目・苦手分野をやってみるのが良いと思います。

苦手分野は基本的なところで点数を落とす場合があるので、強化すれば一気に点数が上がる可能性があります。

得意科目をさらに伸ばして点数を伸ばすのは、見方によっては「より難しいこと」かもしれません。

双方のバランスを取るのが望ましいです。

不得意科目を強化することばかりすると、「あまり好きでないこと」を続けてやることになるので、お子様のテンションは下がってしまうでしょう。

勉強でもなんでも、テンション・やる気は最も大事です。

f:id:Yoshitaka77:20220127064611j:plain

お子様のテンションを上手く上げられるように工夫するのは、塾の先生が一生懸命考えていると思いますが、やはり一番大事なのは身近で最もお子様を理解している親御様でしょう。

親御様が積極的に関わって、高いテンション・大いなるやる気をキープしながら、入試本番まで勉強が続けて、学力をアップさせましょう。

目次
閉じる