MENU

不得意科目は「楽しく」学んで学力を高めよう!|中学受験

前回は「『頑張れ!』だけではなく『よく出来ているね!』と褒めてあげましょう!  3」の話でした。

大体のお子様には得意科目と不得意科目があります。

また、得意科目であっても「不得意分野」と「得意分野」があることが多いですね。

受験において、特に点数が取りにくい「不得意科目、不得意分野をどう攻略するか」は大きなテーマになります。

具体的な試験に対しては「不得意分野は他の子とあまり差がつかない(点差をあけられない)程度に補強」+「得意分野を伸ばす」が良いでしょう。

というのも、不得意分野はお子様にとって「あまり好きではない分野」だからです。

これから重圧がどんどん増してゆくのに、「好きではない事(分野)」をやらされるのは苦痛になるかもしれません。

f:id:Yoshitaka77:20220207062643j:plain

勉強は「好きでない」→「点数が悪い」→「ますます好きでなくなる」という悪循環になる場合もあります。

これは大学受験でも同じで、場合によっては社会に出ても似たような構図があると思います。

誰しも「好き」「嫌い」があって、「好きなこと」をするのは時間を忘れてドンドンやりますが、「嫌いなこと」は「早く終わらないかな」と考えてしまいます。

f:id:Yoshitaka77:20211223135416j:plain

僕が中学受験の時は、社会で歴史が大好きでしたが、地理は不得意でした。

歴史に関しては「誰にも負けない」くらいな自信があって、「まんが日本の歴史」が頭の中に全部入っていて、全ての歴史の流れを大体説明できました。

当時は壬申の乱とか保元・平治の乱とか「誰と誰が争って、・・・・・」と記述式でも選択式でも答える自信がありました。

一方、地理は不得意でした。

「日本国勢図会」今でもありますね。

当時これを読まされて、データを暗記させられるのが苦痛でした。

データは大事で、各国の情勢がよく分かるのですが、「〜の輸入元はどこが一番か?」などを「丸暗記する」のが苦手だったのです。

f:id:Yoshitaka77:20220127064611j:plain

「歴史も暗記じゃないの?」と仰る方、いらっしゃるかも知れません。

僕にとって歴史は「暗記」ではなく、「歴史の流れを学ぶこと」で、「誰と誰が仲違いして、戦になった」とかそういう全体的な流れが当時面白く感じて、年号は「自然と覚えた」感じでした。

楽しくなると「年表を作る」という比較的単調に思われる作業も自発的に出来るようになります。

歴史が不得意なお子様がいらしたら、これからでもぜひ強化して欲しいです。

歴史は「暗記」ではなく、人間模様を描いた「面白い」科目なのです。

そのように考えると興味が湧いてきて、得意科目に変化するようになるでしょう。

他の苦手科目や苦手分野に関しても、同じように「面白い」と考えられるようになりましょう。

すると、「興味持って勉強→点数が上がる→楽しくなる→興味持って勉強→・・・・・」と良い循環が生まれます。

不得意科目・分野は見方を変えてみて、「楽しく」学んで学力をアップし、合格へと進んでゆきましょう!

目次
閉じる