MENU

日本の近現代の歴史を知って、考えて歴史を好きになろう!|本質的教育

前回は「描くことで「本質的理解」を深めて、学力は飛躍的に向上させよう!  」でした。

小学校低学年くらいまでを対象とした「本質的教育」の話をご紹介しています。

中学受験をお考えの親の方は「本質的教育も大事ですが、具体的な学力=テストの点数もアップして欲しい」とお考えになるでしょう。

僕自身の経験及び塾・家庭教師で小学生から高校生まで教えた経験から、本質的教育の観点から中学受験に役立つ話をご紹介します。

f:id:Yoshitaka77:20220114205318j:plain

今回は歴史に関する話です。

小学校高学年以上の方、あるいは受験を考えているお子様向けです。

小学校高学年になると個人の自我が出てきますので、「好きな科目」と「好きではない(嫌いな)科目」が出てきます。

社会では地理・歴史・公民などが大きなテーマとなり、歴史に興味を持つかどうかは、お子様次第です。

ぜひ歴史、特に日本の近現代の歴史には興味を持って欲しいと思います。

最初は教科書よりも「まんが日本の歴史」が良いでしょう。

各社出していますが、ここでは集英社「まんが 日本の歴史」を取り上げます。

学習まんが「日本の歴史」(集英社)

1巻を取り上げましたが、最初から読まなくても良いでしょう。

「まずは1巻から」とお考えになる親御様もいらっしゃるかもしれませんが、縄文時代や弥生時代は、面白く感じるお子様は比較的少ないかと思います。

お子様が1巻を読んで「歴史は面白くない」と感じてしまわないようにしましょう。

ネットで親が選んでポンと渡すよりも、お子様と一緒に本屋さんに行って、興味がありそうな巻から読んでもらうのが良いでしょう。

「どれが好き?」と子供に選んでもらうことは、主体性を育むことにもつながります。

「好きな巻から読ませたら、時系列が混乱するのでは」と懸念される方もいらっしゃるかもしれませんが、子供の頭は柔軟なので大丈夫です。

何度も読んでいるうちに、「ああ、こういう流れなんだ」と楽しくなるのが大事です。

最初は興味がある巻から読んで「歴史って面白い!」と楽しくなってくれると良いですね。

そして、歴史に興味が出て、他の巻も読んでゆくのが最も良いですね。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる