MENU

Henry Stimson①〜自らの信念を持つ〜|威人紀行

前回は「山崎直子①〜道を切り開いて、女性宇宙飛行士へ〜」の話でした。

威人紀行5人目は、初めての海外の方、Henry Stimsonです。

Henry Stimson(Wikipedia)

おそらく、大多数の方が「誰?」と、お感じでしょう。

目次

自身の強い思いを、ハッキリ表現

米政府の要職を歴任した共和党のHenry Stimsonは、民主党のルーズベルト大統領に注目されます。

Franklin Roosebelt米大統領(Wikipedia)

当時、ルーズベルトは異例の3選を果たしていました。

強烈な人気者だったルーズベルト大統領は、根っからの民主党です。

1939年9月に第二次世界大戦が勃発しました。

1939年9月1日に、ヒトラー率いるドイツがポーランドに突如侵攻し、9月3日に英仏が対独宣戦布告。

ヨーロッパ全土を巻き込む大戦争が、起きてしまったのです。

Adolf Hitler独総統(Wikipedia)

ドイツが強すぎる。
このままでは、ヨーロッパ全土がドイツと枢軸国になってしまう。
我が米国も参戦せざるを得まい。

1941年ヨーロッパ・アジア支配圏(歴史人2021年8月号 ABCアーク)

そのためには、民主党だけでなく
共和党の方々にも政府の要職に
入ってもらおう!

米国挙げた超党派体制を
早期に築くのだ!

しかし、「米国の参戦」には、大きな障壁がありました。

ルーズベルト大統領は、「米国の若者を戦場に送らない」という公約で、大統領選挙に勝利していたのです。

それまでに国務長官などの要職を歴任し、思想はバリバリの共和党で、さらに共和党重鎮だったHenry Stimson。

ドイツと英独の戦いに関して、

米国は英仏を救うべき。
ドイツと戦うべきだ!

とラジオ演説します。

これは、「思っていても、なかなか公に言えない」ことです。

当時の米国民の大多数には「ヨーロッパの戦場に、なぜ米国の若者が戦いに行かねばならないのか?」という厭戦気分が漂っていました。

米陸軍長官へ

スチムソンのラジオ演説を聞いたルーズベルト大統領。

そうだ!
Henryに陸軍長官になってもらおう!
彼は陸軍長官経験者で、共和党重鎮。
うってつけだ!

ラジオ演説の翌日には、

Henry、陸軍長官に就任して欲しい。

承知しました。
陸軍は私にお任せを。

スチムソンに陸軍長官就任の要請して、承諾を得ます。

この時、57歳で海軍次官経験者のルーズベルト。

陸軍は門外漢なので、よく分からない状況。

対独戦は、海軍よりも陸軍の方が出番が多そうです。

陸軍を押さえる人物として、経験豊富なスチムソンを陸軍長官に据えます。

これで、陸軍はHenryに
任せておけばよし!

この時、72歳で超ベテランのHenry Stimsonが陸軍を統括してくれるのは、安心感が大きかったでしょう。

さらに、海軍長官にも共和党のFrank Knoxを据えます。

軍事は共和党に任せて、万事OK!
政治は民主党がやろう!

それにしても、演説を聞いて「翌日に陸軍長官就任要請」というのは、いかにも米国的な迅速さです。

正式決定は先になりますが、大事な人事を迅速に決定することは、非常に重要です。

こういう「人事を早急に決定する」姿勢は、米国ならでは。

日本は歴史上、人事に関して、これまでずっとバタバタして、いつも時間がかかってきました。

ルーズベルト大統領は「信念を強く持つ男」に陸軍を任せます。

自らの眼力に自信を持つ

スチムソン陸軍長官をご存知ない方が多い中、こちらの方は大抵の方がご存じでしょう。

Douglas MacArthur陸軍元帥(Wikipedia)

あのGHQのマッカーサーです。

自らの信念を貫く男は、マッカーサーと大きな関わりを持ち、日本とも深い関係を持つことになります。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる